狙うぞ万馬券!<重賞予想>


お疲れ様です。
さっそく回顧していきます。



京都牝馬S

◎ミスパンテール 5着
思ったより伸びなかった。斤量よりタイムが早かったのか。

〇ワントゥワン 6着
デムーロ騎手「もっと瞬発力を発揮できる馬なんですけどね」とコメントしているが、おそらく1400mは短いのかもしれない。ただあの位置取りで好走は無理がある。

△デアレガーロ 1着
前走以上の走りをしましたね。次走どこかわかりませんが、1200m以外なら買わないです。

×リナーテ 2着
どうしても買いたかった馬なので結果を残せてよかったです。前走は7着だったけど実質1着馬とアタマ差の2着。実質勝ち馬のレッドオルガは東京新聞杯で2着になったことでこの馬の強さがわかりました。


今年も昨年に続き3着がノーマークにより、馬連と馬単の的中報告のみでした。的中された方おめでとうございます!!


ダイヤモンドS
ユーキャンスマイルが勝って当然のメンバー構成でした。

相手候補1番手のグローブシアターは距離が長かったみたいです。力的に3000m以下のハンデ戦で好走できるかどうかのレベルですね。


ユーキャンスマイルが楽に勝ったものの、2着馬は1000万下で3着になるのがやっとの馬。3着馬は1600万下の1800mを勝って芝3戦目の馬。次走どこかわからないが天皇賞春に出走した場合評価は低めにするべき。



フェブラリーS
今年は例外と考えるべきです。

今年のラップ
テン4F48.0、3F35.8ー上がり4F47.6、3F35.4

今年のテン3FはフェブラリーSがG1へ昇格した1997年から東京開催での過去22年の中で2番目に遅いタイムです。また3Fでの後傾ラップは2014年と今回の2回のみ。4Fでの後傾ラップは今回のみです。

このラップを刻んだインティの鞍上武豊騎手は「天才」の言葉が似合いますね。

ちなみに2014年の勝ち馬は16番人気コパノリッキーが4角2番手から押し切っている。毎年2秒以上の前傾ラップが当たり前のフェブラリーSで2014年のようなラップになれば勝って当然ですよね。

コパノリッキーはこのレースからG1を勝ちまくったので、インティの今後が楽しみです。

☆傾向☆

フェブラ

1着 6番インティ 当日上がり3位
2着 3番ゴールドドリーム 当日上がり1位
3着 2番ユラノト 当日上がり4位

3着馬が好走条件該当馬ではないが、今年は例外と考えてよい。来年もこのデータを使用します。



小倉大賞典

マルターズアポジーがまさかの・・・。
100%の人がこの馬が逃げる展開予想をしたと思います。

この馬がいつも通り逃げていればタニノフランケル、サイモンラムセスの好走はなかっただろう。殆どの方がこのような予想をしたはずです。

サイモンラムセスが逃げることによって、この馬やタニノフランケルが好走できるペースに変わりました。せっかく1番人気が飛ぶ美味しいレースだったのにな。

それにしてもどのペースでも勝てるスティッフェリオはかなり強いですね。





今週の重賞

〇中山記念

マルターズアポジーが登録されていますね。上記にも書きましたが、この馬が先頭で走っているかで全く違う着順になります。出走するのでしょうか。


出走するならこの馬を1番手↓

最強競馬ブログランキングへ

中山記念はペースが速くならない年で好走するには上がり34秒前半以内が必要になる。この馬の好走はすべて上がり34秒後半以上のレースのみ。中山で唯一凡走したレースは上がり34秒前半のレースなので、アポジーが出走するか雨で馬場が重たくなるかが必要。


出走しないならこの馬↓

中央競馬ランキング

前目で競馬できるようになったのはかなりのプラス。瞬発力もあり、血統も合う。











 


お疲れ様です。
京都牝馬Sはミスパンテールもしくはワントゥワンがあんな競馬になってしまったら3着にあのような馬が好走してしまいますよね。週明けに詳しく回顧しますが、どちらかが好走してくれると信じてました。

ダイヤモンドSはユーキャンスマイルが思っていたより頑張りましたね。あとは前残りの糞レース。






フェブラリーS

年明け一発目のG1レースがやってきました!!
今年は6連勝中のインティ、ななこ騎手のコパノキッキングが参戦しているため例年より盛り上がっている感じがします。

昨年は三浦騎手の神騎乗でインカンテーションがまさかの3着に。ダブル本命だったゴールドドリームとサンライズノヴァが2,4着に敗北してしまいました。

今年こそ見逃しがないように完全的中したいと思います。


☆傾向☆
昨年の傾向をそのまま使用します。
(昨年の決着と昨年使用した過去10年の傾向)

①体重500キロ未満:9頭
⇒前走上がり3位以内

今回の該当馬
クインズサターン、コパノキッキング、ノンコノユメ、オメガパフューム


②根岸Sで馬券内

今回の該当馬
クインズサターン、ユラノト、コパノキッキング


③7歳以上:7頭
⇒6頭がリピーター、1頭は初出走で近走重賞7連対中

今回の該当馬
モーニン、ノンコノユメ


④前走地方重賞組は当日上がり3位以内かリピーター

今回の該当馬
ゴールドドリーム、(オメガパフューム)


好走条件該当馬と他に残っている馬

メイショウウタゲ、サンライズノヴァ、ワンダーリーデル、ノボバカラの4頭以外の馬

今年は10頭も残っており、どの馬が好走してもおかしくない状況になっています。

しかし、覚えてる方が居られると思いますが、強力なデータがあることを・・・。


馬番1~10で好走するためには何が必要なのか!?

馬番1~10で好走:19頭
過去11年分なのでそこそこ好走しているように感じられますね。

この好走した19頭は2パターンの条件に分類されます。

①当日上がり3位以内:16頭

②リピーター(1着馬、上がり3位以内で馬券内):3頭


今回の場合
①上がり3位以内の可能性がある馬
ゴールドドリーム、モーニン、(クインズサターン、サンライズノヴァ、インティ)
※今の馬場を考慮した場合の左から上がりが良い順
※外枠にノンコノユメとオメガがいるので右3頭は厳しいかも

②過去馬券内有の馬
ゴールドドリーム、モーニン


以上より、残った馬
ゴールドドリーム、モーニン、コパノキッキング、ノンコノユメ、オメガパフューム


コパノキッキング:やはり前走後のマーフィ騎手のコメントから買いにくい。記念馬券だけ程度で。

オメガパフューム:G1のこの距離はまず無理だろう。同コースで父ゴールドアリュールは好成績を残しているが、母父ゴールドアリュールは0-0-2-25と未だ連対がない。斤量、距離、血統含めこれで好走されたら仕方ない。

ノンコノユメ:この馬は京都牝馬Sのデアレガーロをイメージしてもらいたい。近2走は完全に距離が原因ではあるが、思ってたより走っている。この馬の位置取りからして地方の重賞なんて好走するわけない。近4走は気にしなくて良い。

ゴールドドリーム:出遅れるな。

モーニン:芝を使ってから良くなっている。この枠なら外から被されないだろう。


最終予想

◎3ゴールドドリーム
このコースでの凡走を見ることなく引退してほしい。出遅れたら一緒に泣こうよ。

〇13ノンコノユメ
前走の映像を見てください。最後尾から大外ぶん回しの新人騎手がやる競馬をしても7着。2走前は距離が長いのに上がり最速からの0.4差の4着。正直この2戦はここまで走ると思っていませんでした。全く衰えていないので、東京コースなら前走のような競馬をしても届く。

△8モーニン
もう1600mでの長い可能性があるが、この馬番で上がり上位で走れるなら買いたい。

×10サンライズソア
馬番10は厳しい条件になっているが、今年この馬が好走すれば来年から一桁馬番の条件になるだけの話。この斤量にこの距離なら普通にオメガより強い。





このページのトップヘ