狙うぞ万馬券!<重賞予想>


お疲れ様です。
さっそく予想していきます。



オーシャンS
先週の中山は高速馬場でしたが、雨が降ったことでどこまで馬場が重くなっているか。

ナックビーナスは昨年に続き良い枠に入れず、事前に推奨したエスティタートは大外枠に・・・。

これはかなりの配当が期待できそうです。



☆ 傾向 ☆

〇4歳馬で好走:8頭
⇒すべて中山芝1200mで好走あり(条件戦は勝ち、重賞は掲示板内)

今回の該当馬
カイザーメランジュ、ラブカンプー、モズスーパーフレア


〇7歳以上で好走:10頭
⇒リピーター 7頭
 重馬場の年 2頭
 前残りの珍しい年で逃げ 1頭

今回の該当馬(リピーター)
スノードラゴン


●阪急杯でもドハマりした強力なデータ

二桁馬番で好走するには・・・

オーシャン
 
昨年使用したデータですが、13番ナックビーナスが4角6番手(上がり6位)で2着でした。昨年の決着から下記の条件に変更します。

①当日上がり2位以内:7頭
②リピーター:4頭
③4角3番手以内:3頭
④4角10番手(上がり4位):1頭


条件③は2008、2007年の4角4番手以内で決着した非常に珍しい年。近年はリピーターもしくは上がり上位しか好走していない。

今回の該当馬
①キングハート、エスティタート
②ナックビーナス、キングハート


ここまで残った馬
ペイシャフェリシタ、スノードラゴン、エントリーチケット、ダイメイプリンセス、ダイメイフジ、カイザーメランジュ、ショウナンアンセム、ナックビーナス、キングハート、エスティタート

今年はこの時点でもそこそこ残っていますね。

次に、ラップの傾向から買える馬を絞ります。

オーシャンSは前半3F33.5s前後ーラスト3F35s前後になることが多いです。

しかし今回、モズスーパーフレアやラブカンプーなど速い馬がいることで、前半3F33s前半以内になると考えられます。

前半3F33s前半になれば、やはり上がりが使える馬の好走がかなり目立っています。


過去にこのようなラップになった年の好走馬の上がり順位と馬番

・2016年 上がり②⑤④ 馬番⑪②⑦
・2013年    ⑤③①   ⑧⑤⑬
・2012年    ②④①   ②⑨⑥
・2009年    ⑤◇④   ⑦
・2006年    ②◇①   ⑤

☆好走馬15頭中13頭が当日上がり5位以内

☆上がり6位以下の馬は共に馬番1


狙い馬「人気関係なく上がりが使える馬」


残った馬で近走や中山で上がり上位で走っている馬
ペイシャフェリシタ、スノードラゴン、ダイメイプリンセス、ダイメイフジ、キングハート、エスティタート


ペイシャフェリシタ
前走期待しましたが、位置取りが上手く行かず直線でも微妙な感じに。前走は気にする必要はない。この馬は中山がベスト。過去5レースしていますが、上がり②⑤②①③位となかなかの走り。上がり5位のレースはOP勝った4角4番手。この時の上がり1位は4角13,16番手で0.4s差しかない。余程中山が合うのでしょう。しかし、鞍上はミナリク・・・。


スノードラゴン
もうだめに見えるがまだ終わっていない。前走はめちゃくちゃな体調でなぜ出走させたのか。前走以外ならまだしっかり上がりが使えている。ここ2年のオーシャンSは凡走しているが、好走条件に該当していない。1着はなくても上がりが使えたら今年なら馬券内もおかしくない。



ダイメイプリンセス
千直を使ってから馬が変わりましたね。近走の上がり⑤②⑤④位と出走馬で唯一上がり5位以内で走っています。前走は休み明けの牝馬は走らないで消しましたが、思ったより走っていた。直線で進路を変えないで走れていたら上がり3位以内で掲示板には乗っていた。中山も走っているし、ベスト条件。



ダイメイフジ
昨年の3着馬。前走は凡走して当然だから気にしなくて良い。デムーロ騎手曰く「1200mは忙しい」らしいです。しかし、なぜか中山の1200mだけ強い競馬をしている。過去3レースしすべて上がり2位。詰まったローテはこの馬に合っている。



キングハート
昨年は3番手評価の馬でしっかり勝ちましたね。ただ昨年と違うとこは前走の手応えと位置取りです。走る気がなくなっているのか買いづらい。



エスティタート
前走は強い内容。ダノンスマッシュが強すぎただけ。中山は悪くないが、鞍上が悪い。位置取りも前走より前に行きそう。スマートオーディンみたいにならないでね。




最終予想

◎5ダイメイプリンセス

〇6ダイメイフジ

△2ペイシャフェリシタ

×3、12

ナックビーナスはさすがに怖いです。。。












 


お疲れ様です。
今週のオススメ馬も書いてます。 


阪急杯

まさかあそこの位置から好走してくると思っていませんでした。
スマートオーディン・・・。

こちらが着順です↓
阪急杯着
(引用:競馬ラボ)

阪急杯

◎ロジクライと〇レッツゴードンキがしっかり好走し、あとは上記の二桁馬番好走条件の該当馬が上位を占めた結果になりました。


レッツゴードンキ―:岩田騎手の乗り方的にさすがに結果が欲しかった感じがしました。しかし、かなり衰えているようにも感じました。高松では厳しいかな。

ロジクライ:スタート後上手く行かず中段からの競馬。直線もなかなか開かず凡走確信しました。スタート後上手くいってれば、連は堅かった。次走どこでしょ。

ロードクエスト:やはり斤量57になると少し足りないですね。斤量56以下の1400mなら全力でいけます。


ミスターメロディから不利を受けたタイムトリップ、リョーノテソーロは不利が無くても3着あったかどうか。ただ、ロジクライも同時に不利がなければ3着争いすらしてなかったでしょう。




中山記念
今の中山は時計が速すぎます。
中山適正よりも府中(上りが速い)で走れる馬が好走しています。

・中山7R芝1600m
3着馬 コーラルプリンセス(11番人気)
レース前の戦歴は2-0-0-16とかなり悪い。好走した2レースは東京と新潟の上りが速くなるコース。近2走も東京や新潟で速い上がりを使っていた。


・中山9R芝1600m
1着馬 レノーア(6番人気)
レース前の戦歴は1-0-2-4。悪くはないが好走した3レースはこちらも東京と新潟のみ。


5番人気以下の好走馬を取り上げました。今は求められる適正が違う事がわかります。中山でも走れて、府中などを得意としている馬がいれば能力以上の力を発揮するかもしれません。


そんな中、中山記念では・・・

事前予想で血統や適性で勝ち馬◎ウインブライトにしていました。

予想でも書きました通り、この馬は上がり34秒後半以上かからないと好走していない馬。しかし、結果は上がり33.7秒。今までなら凡走傾向にマッチしていたレース。今のウインブライトなら他の競馬場でも好走してもおかしくない。


当日の馬場での印なら◎ステルヴィオとTwitterでつぶやきました。
勝ったと思いましたが、坂を上ってから止まりましたね。やっぱりこのコースはプラスではなかった。


2着馬 ラッキーライラック(6番人気)
この馬も東京や新潟で勝ち鞍があり、阪神で上がり33秒台を出している。今の中山はかなり適正がマッチしたと考えられる。「馬場適性」「展開」「斤量」がかなり恵まれていたにも拘わらず、勝てなかったのは牡馬相手にはまだまだ厳しい。


実質6頭立てで事前予想◎ウインブライトもしくは馬場予想◎ステルヴィオを軸に相手5頭の3連複を購入し、どの決着でも回収率100%超えになっていました。マルターズアポジーやハッピーグリルが好走する事故はまず考えられない。





今週の重賞

〇オーシャンS
上位人気馬が牝馬になると思われます。その中でもナックビーナスは内枠なら勝ち、外枠なら3着以内になると思います。大野騎手に不安があるが、前走あれだけ乗れたらここも大丈夫でしょう。

オススメの馬↓

最強競馬ブログランキングへ

近走1200mを使うようになってから安定してきた。オーシャンSのラップもこの馬向きである。ダノンスマッシュがいないので、勝ち負けしてほしい。



〇弥生賞
昨年は◎ワグネリアン、〇ダノンプレミアム、△ジャンダルムの3頭だけに印を付けました。今年は難しいですね。

現時点でも軸馬の予定↓

中央競馬ランキング

弥生賞はSペースになりがち。2016年のような速い馬場でも結局はある血統かある血統を持った馬が好走してくる。今回両方を持っているこの馬で間違いないのではないか。







このページのトップヘ