狙うぞ万馬券!<重賞予想>


お疲れ様です。
土曜の重賞の回顧を軽くします。

・スワンS

1着 ×ロードクエスト
2着 〇モズアスコット
3着 △グァンチャーレ
4着 ◎べステンダンク

印4頭が上位独占しました!!
逃げ切りを狙って◎べステンダンクにしましたが、控えましたね。
◎ー〇ー△の完全的中を狙いに行きましたが、惜しかったです・・・

グァンチャーレの買レースをわかっている方なら非常に簡単なレースになったのではないでしょうか。


・アルテミスS
好走条件該当馬4頭から選んでない2頭が1着、4着になりました。
見る目なしですね。2着ビーチサンバは今後注目するべき馬です。




混戦模様・群雄割拠の天皇賞秋。当日お昼赤枠に数値が入ります。
会員サイト内北条のブログで指数データ&最終見解確認へ!!
日曜日夕方にレース結果と照らし合わせてみてください。

【天皇賞指数上位馬を無料で見る方はCLCK】



● 天皇賞秋 ●
傾向記事にも書きましたが、逃げ馬不在の超Sペース濃厚です。
さすがにこのメンバーなので思い切ってMペース以上で逃げようとする馬はいないと思います。

仮にMペース以上になれば、私の予想は大外れになります。
東京2000mではあるが、今年は東京500m(直線)であると思ってください!

傾向記事⇒抑える傾向


☆過去Sペース(前半60秒以上)の年☆

2016年
1着馬 ①番人気
2000m以上勝ちなし マイルG1を4勝

2着馬 ⑦番人気
2000m以上勝ちなし 1800mを3勝

3着馬 ⑥番人気
2000m以上勝ちなし 1600mと1800mを2勝ずつ


2015年
1着馬 ①番人気
東京1400m2着あり 1800mを2勝 2000m以上も勝ちあり 宝塚記念1勝

2着馬 ⑩番人気
2000m以上勝ちなし 1600mと1800mを2勝ずつ

3着馬 ⑥番人気
1600m~2200mまで勝ちあり イスラボニータ


2014年
1着馬 ⑤番人気
2001m以上勝ちなし 1800mを3勝 2000mを2勝

2着馬 ②番人気
1600m~2400mまで勝ちあり JC2勝

3着馬 ①番人気
1600m~2200mまで勝ちあり イスラボニータであり、短距離馬として活躍


2005年
1着馬 ⑭番人気
2001m以上勝ちなし 1600~2000mを2勝ずつ

2着馬 ①番人気
1600~2400mまで勝ちあり JC1勝

3着馬 ⑬番人気
2000m以上勝ちなし 1600mを3勝と1800mを1勝


1996年
1着馬 ③番人気
2000m以上勝ちなし 1600mを1勝と1800mを3勝

2着馬 ④番人気
1200mと1800mを1勝ずつ 2000mも以上勝ちあり 有馬記念と宝塚記念勝ち

3着馬 ①番人気
1400mと1800mを1勝ずつ 天皇賞春勝ち


1994年
1着馬 ③番人気
2001m以上勝ちなし 1200~2000mまで勝ちあり

2着馬 ⑧番人気
2001m以上勝ちなし 1600mと2000m勝ちあり

3着馬 ⑪番人気
2001m以上勝ちなし 1800mと2000m勝ちあり


びっくりされたと思います。
過去6年(18頭)の好走馬の戦歴を簡単に書きました。

・2000m以上勝ちなし⇒ 6頭
要するに1600mや1800mで強い競馬をしていた馬

・2001m以上勝ちなし⇒ 5頭
1600m~2000mまでで強い競馬をしていた馬

・ジャパンカップや宝塚記念や天皇賞の勝ち馬⇒ 5頭
このクラスは展開次第で崩れるような馬ではないと言うことですね

・イスラボニータ⇒ 2回
3歳でセントライト記念を勝っているが、古馬になって1600mまででしか連対しなくなった。


要するに・・・・


”主に1600m~2000mまでを主戦としている馬を狙え!!”


大阪杯ペルシアンナイト、菊花賞フィエールマンが好走したように距離適性がなくても関係ないです。


今回、1600m~200mを主戦としている馬
ステファノス、ブラックムーン、ヴィブロス、スワーヴリチャード、サングレーザー

ただ、ここを主戦としているからと言ってどの馬にも有利になるとは限りません。やはりキレる足が必要です。

この5頭ならヴィブロス、スワーヴリチャード、サングレーザーに期待したい。


今年の天皇賞秋では厳しい馬
レイデオロ:キレ勝負は分が悪い。ルメール騎手次第で3着まで。

マカヒキ:もうキレ勝負は厳しい。3歳までとは真逆の適正とみている。

アルアイン:大阪杯でキレ負け。今回はさらにキレる馬がいる。

ダンビュライト:アルアインと同じ。

ミッキーロケット:キレ勝負は用無し。

他の弱い馬は評価しません。


ここまで残った馬

ヴィブロス、スワーヴリチャード、サングレーザー、(ステファノス、キセキ)


◎9サングレーザー
この手のレース展開は最もキレる馬を軸に選ぶべきである。2000m以上の適正など今年はいらないです。


〇5スワーヴリチャード
内になったことで負ける可能性がでてきた。配当的に2着でお願いしたい。


今回残りの3頭すべてに印を付けたいので、2軸の相手3頭と言う形にします。

△1.3.10










 


お疲れ様です。
先週の菊花賞はまさかフィエールマンが好走するなんて思いもしなかったです。 

とある記事に「今年はどの馬も仕掛けず、ラスト400mの勝負になった」と見ました。要するに3000mではあるが、実質400mのよーいドンだったと言うことです。このような特殊なレースになると決め脚のある馬が断然に有利です。

実際に上がり1位(33.9)が5頭いましたが、1.2.3.5.7着とほぼ上位独占しています。

おそらくこれがフィエールマンの好走に繋がったと思われます。あとはルメール騎手の影響も大きいかと。

例年の菊花賞ならレースの内容からエタリオウ以外の好走は微妙な感じだった。ブラストワンピースも池添騎手によると「決め脚のある馬が上位になった」と言うように例年なら3着以内は間違いなかっただろう。

特殊なレースの時は騎手の腕が重要だと感じました。レースが終わるまで特殊なレースになるかわかりませんが。

馬券はもちろんフィエールマンが抜けており3連複不的中。
◎エタリオウー〇アフリカンゴールド.▲グレイルー〇.▲.☆ユーキャンスマイル

保険のエタリオウから3頭流しのワイドのみ的中でなんとかプラスに。





天皇賞ステップレース(毎日王冠、オールカマー、京都大賞典)は指数上位馬で的中。
10月21日1~6R全6レース6頭BOX購入で+13万の収支。
東京6Rダイイチターミナル40.3倍指数5位で結果2着!
こういう配当高い馬が指数上位にくると馬券になりますね?!

当日お昼頃会員内北条のブログで天皇賞データと最終見解見てみてください。
メールアドレス登録後、確認メールをクリックしたらログインできます。
⇒天皇賞コラボ指数データを見に行く(無料)


● 天皇賞秋 ●

昨年は過去に例がない異常な不良馬場だったため、過去の傾向を使用しない予想をしました。

予想記事⇒2017年の予想
当時は5頭も印を付けていたみたいです。


1着 ▲7キタサンブラック  1番人気
2着 ◎2サトノクラウン    2番人気
3着 〇8レインボーライン 13番人気

キタサンブラックは状態が戻っているかわからなかったため、▲まで印を落としましたが、体重やパドックから買い目を上位に変更。

CB9F738B-DCEE-491C-A3D5-C617A08D9487

これが私が購入した馬券です。なぜか3連単に12ステファノスが入っていました・・・。

3連単8点(なぜ12が入っているんか)で550倍的中!!!


今年も万馬券!!と言いたいところですが、今年はかなり固い決着になるでしょう。



とりあえず昨年、配信しました⇒天皇賞秋の傾向

この記事を見て頂ければわかりますが(当時なので少し見にくくて申し訳ないです)、簡単にまとめると・・・

①4角4番手以内の1,2番人気
 ⇒3-5-2-

②4角5番手以降の上がり1,2位
 ⇒6-3-5-

①と②の条件だけで9-8-7-?です。

残りの6頭(1-2-3-)は3番人気以内4頭、前走宝塚記念5着以内2頭と力がある馬のみ。


今年の該当馬(可能性がある馬)
①スワーヴリチャード
②レイデオロ、サングレーザー、マカヒキ
前走宝塚記念5着以内 ミッキーロケット、ヴィブロス

①②の該当馬はおそらく当日1~4番人気で、他2頭も人気になってくると思います。


☆展開予想☆
逃げ馬不在で超Sペース濃厚になります。
今年の大阪杯をイメージしてもらえば良いと思います。

大阪杯
※競馬ラボ

大阪杯も直線よーいドンのレースだったため、決め脚のある馬が上位に。
あとは4角の位置で着順が決まった感じですね。

おそらくダンビュライトかキセキが逃げる形になるはずですが、スワーヴリチャードは大阪杯と同じ競馬をしないと勝てない可能性があると思います。


大阪杯や菊花賞のような特殊なレースになる可能性があるので、軸馬は・・・。

軸馬掲載中↓

中央競馬ランキング

大阪杯2着馬ペルシアンナイトや菊花賞馬フィエールマンは短距離でいい脚を使っていた馬。やはりこのようなレースになると短距離でいい脚を使っていた馬が断然有利になります。
Sペースになった年はモーリス、リアルスティール、ステファノス、イスラボニータ、スピルバーグなど1800m以下で結果を残していた馬の好走が目立っています。


危険な人気馬↓

最強競馬ブログランキングへ

前走は休み明けもあったが、この馬にとって最高の条件にも拘らず負けている。前走とは真逆になる条件なので厳しいだろう。今年のメンバーで去年の馬場なら勝ち負けできた。




このページのトップヘ