狙うぞ万馬券!<重賞予想>


お疲れ様です。
フラワーCも配信しましたので、そちらもどうぞ。 


ファルコンS
☆特徴☆
前傾ラップが当然のレースになっています。しかし前半3Fの入りによって好走馬が真逆になります。「前走1200mの馬が逃げると前半3F33秒台のかなり速いペースになり、追い込み馬決着」「前走1400mの馬が逃げれば前半ゆったりペースになり前が有利」になっています。


今年の逃げ候補は前走1200mの馬ではあるが、ゆったり逃げる馬ばかりなので、前が有利と予想します。
※昨年はモズスーパーフレアが逃げると予想し、追い込み馬2頭を本命対抗にしましたが、めちゃくちゃゆったりペースで撃沈でしたね・・・


☆狙える馬の傾向☆

POINT①
ゆったりペースになっても、結局は前傾ラップになりますので、前走1200mはかなりきついです。中京芝が改修されてから前走芝1200mの好走馬は2014年3着馬のみ。

POINT②
馬番14より外は3頭しか好走馬がいない。しかも、3頭とも重馬場以上の年なので、そこまで荒れない限りはかなり不利です。

POINT③
前半3Fがゆったりしたペースになると、馬番10より内枠の馬で決着している。該当年度は2018年、2017年、2015年、2013年、2012年(重)。この年は内枠の低人気馬でもバンバン好走しています。



☆凡走傾向☆
(今回の予想したペースになると仮定した場合)

①馬番11より外の馬

②前走1200mの馬

③前走OPもしくは条件戦で着外の馬は条件戦で好走あり


ここまで残った馬
ローゼンクリーガー、ジャカランダシティ、ダノンジャスティス、ヴァッシュモン


印を付けるのは難しいですね。人気も割れていますし、BOX買いでもしっかり的中してくれればプラスにはなりますかね。

オススメの順番
ローゼンクリーガー、ヴァッシュモン、ジャカランダシティ、ダノンジャスティス





最強競馬ブログランキングへ




中央競馬ランキング



お疲れさまです。
先週は更新できなくてすみませんでした。

☆お知らせ☆ 
来週から毎週ブログを配信できないかもしれません。配信できない週はできる限りTwitterを活用しますので、よろしくお願いします。



フラワーカップ
☆レースの特徴☆
中山芝が改修されてから毎年後傾ラップになっています。このペースなので、逃げ馬もしくは番手の馬の好走が目立っているレースになっている。

・レースラップ(4Fと3F)
2018年
4F(49.4-47.7)、3F(36.8-35.5)
2017年
4F(48.8-47.6)、3F(36.5-35.3)
2016年
4F(49.3-47.8)、3F(36.8-35.6)
2015年
4F(49.4-47.7)、3F(36.5-35.4)


☆狙える馬の傾向☆
上記のラップに似たレースで好走したことがある馬を狙うべき。

●類似ラップ
4F(49.0~49.5-47.5~48.0)
3F(36.5~37.0-35.3~35.8)

出走馬の中でこのラップで勝ち鞍がある馬の成績
2018年 1着馬(2番人気)2着馬(3番人気)
2017年 3着馬(7番人気)

該当馬が少ないが、しっかり好走している。
今年の該当馬
レオンドーロ


もう少しラップの幅を広げてみました。

3F(36.5~37.0-34.0~35.8
※前後半ラップ差1.0以上のみ

上記のラップで勝ち鞍がある出走馬の成績
2018年 1着馬(2番人気)2着馬(3番人気)
2017年 1着馬(1番人気)  3着馬(7番人気)
2016年 2着馬(2番人気)11着馬(6番人気)
2015年 2着馬(12番人気)3着馬(2番人気)

・凡走の1頭:右回り未経験(右回り未経験は前走新馬のみ)、4角10番手以降(馬場改修後好走なし)

好走馬12頭中7頭が該当しています。
今回の該当馬
エフティイーリス、レオンドーロ、ルタンブル


☆主な凡走傾向☆
①芝2000mで勝ち鞍がある馬はすべて1800m以下経験あり

②芝2001m以上経験ある馬の好走はない

③芝1800m以上経験ない馬は馬番4より内(好走馬3頭)

④父ディープ産駒は母父ノーザン系のみ(2-2-0-3)
※母父ノーザン系以外(0-0-0-10)


ここまで残った馬
エフティイーリス、レオンドーロ、エールヴォア、マルーンベルズ、アイリスフィール


好走馬12頭の勝ちレースのラップ
2016年1番人気1着馬以外の馬は後傾ラップのレースで勝ち鞍がある。

この1頭は阪神1800mを前傾ラップで勝っていた。この馬を除いた11頭のラップを比較してみました。

●前半4Fのラップ
最も遅いペースが51.0(芝2000m)
※2番目が芝1800mの50.5

最も速いペースが48.9(芝1600m)
※芝1600mは速いが芝1800mなら49.5

●前半3Fのラップ
最も遅いペースが38.2(芝2000m)
※芝1800mならすべて36秒台

最も速いペースが36.5(芝1600m)


この好走馬のラップの傾向から下記の2頭は厳しいか。

マルーンベルズ(芝1800)
4F(48.5-47.6)、3F(36.2-34.9)

アイリスフィール(芝1800)
4F(51.2-46.9)、3F(38.2-35.6)




最終予想

◎3エフティイーリス
残った3頭の中からこの馬を1番手にした理由は芝2000mで勝ち鞍がある馬は2014年しか勝っていないからです。2014年は良馬場開催になっていますが、前日までの雨の影響でかなり重たい馬場になっていました。ダートは重馬場でしたし、上がり3Fは37.0とかなりかかっていた。残った中でこの馬のみ2000mで勝ち鞍がない。


〇9レオンドーロ
2000mで勝ち鞍がないかつスクリーンヒーロー産駒でなければこちらを本命にしていました。スクリーンヒーロー産駒は中山芝1600か2000なら全力で買えますが、1800mはかなり成績が悪い。


△7エールヴォア
残った中の1頭。この馬は逆にヴィクトワールピサ産駒なので中山1800mは買えます。



中央競馬ランキング

他に買えるとしたらこの馬かな。勝ったレースラップが気になりますが、3Fの前後半のラップ差はこの重賞と似ている。好走してもおかしくない。





このページのトップヘ