狙うぞ万馬券!<重賞予想>


お疲れ様です。
今週の回顧は後日します。



弥生賞
雨がどのくらい降るのかでまさかの馬が好走も考えられます。できればあまり降ってほしくない。


☆ 傾向 ☆
(過去20年分の傾向)

●前走新馬、未勝利で好走:3頭

ここからは前走新馬、未勝利を除いた好走馬57頭のデータ

●好走馬50頭に上がり1位があった

・上がり1位がない7頭の戦歴
①4頭が中山芝で勝ち鞍あり
②2頭が2000mの重賞で勝ち鞍あり
③1頭が中山芝2000mの重賞で着内あり

今回の該当馬
ラストドラフト、ニシノテイジ―、カントル、サトノラディウス、ブレイキングドーン、メイショウテンゲン


●好走馬49頭が1800m以上経験あり

⇒また走った最長の距離で勝てなかった馬:10頭
①9頭がOP以上でのレース
②残る1頭は新馬戦でのものだが、中山芝勝ち鞍あり

※好走馬60頭の中で2001m以上経験した馬は1頭もいなかった

上記の該当馬で除外される馬
サトノラディウス、メイショウテンゲン


ここまで残った馬
ラストドラフト、ニシノテイジ―、カントル、ブレイキングドーン


この4頭の中で中山芝2000mで買ってはいけない血統があります。


ブレイキングドーン(父ヴィクトワールピサ
ヴィクトワールピサ産駒の中山芝2000mの成績

●中山芝2000mの成績:6-6-2-76

ある条件を加えた成績が下記のようになります。
    
①新馬、未勝利戦を除いた場合
⇒「3-2-1-41」
   
②さらに500万のみ除いた場合
⇒「0-0-0-23」

はっきりと結果が出ています。
ヴィクトワールピサ産駒は「1000万」「1600万」「OP」「重賞」の中山芝2000mでは絶対に買ってはいけない馬です。

③古馬混合の条件戦と重賞のみの場合
⇒「1-2-0-36」
※3頭は500万戦

④新馬と未勝利と条件戦の2歳もしくは3歳のレースのみの場合
⇒「5-4-2-40」

買うとしたら3歳500万以下のレベルまでですね。


昨年も3頭でしたが、今年もラストドラフト、ニシノテイジ―、カントルの3頭のみになりました。



最終予想
正直、力関係ははっきりとわからないので印はそこまで参考にできない。


◎2ニシノデイジー
前走は凡走しても可笑しくないような位置取りになってしまった。4着以下が弱かったためなんとか力で3着に持ってきた感じ。あとペースもかなり遅すぎたのも影響したみたい。弥生賞はSペース傾向ではあるが、前走ほど遅くなることはほぼない。賞金は足りているが、鞍上的に結果を残しとかないと降ろされる可能性もあるので、ここは勝ち負けしてくるはず。雨が降るのもプラス。


〇3カントル
「ディープ」、「キンカメ」を持っている馬は上位で買わなければならない。特にキンカメ持ちは好成績を残しており、好走条件該当馬の中で凡走は2010年の重馬場の年のみ。要は雨次第です。


△1ラストドラフト
前走見る限り中山芝2000mはそこまで良くないように感じた。









 


お疲れ様です。
さっそく予想していきます。



オーシャンS
先週の中山は高速馬場でしたが、雨が降ったことでどこまで馬場が重くなっているか。

ナックビーナスは昨年に続き良い枠に入れず、事前に推奨したエスティタートは大外枠に・・・。

これはかなりの配当が期待できそうです。



☆ 傾向 ☆

〇4歳馬で好走:8頭
⇒すべて中山芝1200mで好走あり(条件戦は勝ち、重賞は掲示板内)

今回の該当馬
カイザーメランジュ、ラブカンプー、モズスーパーフレア


〇7歳以上で好走:10頭
⇒リピーター 7頭
 重馬場の年 2頭
 前残りの珍しい年で逃げ 1頭

今回の該当馬(リピーター)
スノードラゴン


●阪急杯でもドハマりした強力なデータ

二桁馬番で好走するには・・・

オーシャン
 
昨年使用したデータですが、13番ナックビーナスが4角6番手(上がり6位)で2着でした。昨年の決着から下記の条件に変更します。

①当日上がり2位以内:7頭
②リピーター:4頭
③4角3番手以内:3頭
④4角10番手(上がり4位):1頭


条件③は2008、2007年の4角4番手以内で決着した非常に珍しい年。近年はリピーターもしくは上がり上位しか好走していない。

今回の該当馬
①キングハート、エスティタート
②ナックビーナス、キングハート


ここまで残った馬
ペイシャフェリシタ、スノードラゴン、エントリーチケット、ダイメイプリンセス、ダイメイフジ、カイザーメランジュ、ショウナンアンセム、ナックビーナス、キングハート、エスティタート

今年はこの時点でもそこそこ残っていますね。

次に、ラップの傾向から買える馬を絞ります。

オーシャンSは前半3F33.5s前後ーラスト3F35s前後になることが多いです。

しかし今回、モズスーパーフレアやラブカンプーなど速い馬がいることで、前半3F33s前半以内になると考えられます。

前半3F33s前半になれば、やはり上がりが使える馬の好走がかなり目立っています。


過去にこのようなラップになった年の好走馬の上がり順位と馬番

・2016年 上がり②⑤④ 馬番⑪②⑦
・2013年    ⑤③①   ⑧⑤⑬
・2012年    ②④①   ②⑨⑥
・2009年    ⑤◇④   ⑦
・2006年    ②◇①   ⑤

☆好走馬15頭中13頭が当日上がり5位以内

☆上がり6位以下の馬は共に馬番1


狙い馬「人気関係なく上がりが使える馬」


残った馬で近走や中山で上がり上位で走っている馬
ペイシャフェリシタ、スノードラゴン、ダイメイプリンセス、ダイメイフジ、キングハート、エスティタート


ペイシャフェリシタ
前走期待しましたが、位置取りが上手く行かず直線でも微妙な感じに。前走は気にする必要はない。この馬は中山がベスト。過去5レースしていますが、上がり②⑤②①③位となかなかの走り。上がり5位のレースはOP勝った4角4番手。この時の上がり1位は4角13,16番手で0.4s差しかない。余程中山が合うのでしょう。しかし、鞍上はミナリク・・・。


スノードラゴン
もうだめに見えるがまだ終わっていない。前走はめちゃくちゃな体調でなぜ出走させたのか。前走以外ならまだしっかり上がりが使えている。ここ2年のオーシャンSは凡走しているが、好走条件に該当していない。1着はなくても上がりが使えたら今年なら馬券内もおかしくない。



ダイメイプリンセス
千直を使ってから馬が変わりましたね。近走の上がり⑤②⑤④位と出走馬で唯一上がり5位以内で走っています。前走は休み明けの牝馬は走らないで消しましたが、思ったより走っていた。直線で進路を変えないで走れていたら上がり3位以内で掲示板には乗っていた。中山も走っているし、ベスト条件。



ダイメイフジ
昨年の3着馬。前走は凡走して当然だから気にしなくて良い。デムーロ騎手曰く「1200mは忙しい」らしいです。しかし、なぜか中山の1200mだけ強い競馬をしている。過去3レースしすべて上がり2位。詰まったローテはこの馬に合っている。



キングハート
昨年は3番手評価の馬でしっかり勝ちましたね。ただ昨年と違うとこは前走の手応えと位置取りです。走る気がなくなっているのか買いづらい。



エスティタート
前走は強い内容。ダノンスマッシュが強すぎただけ。中山は悪くないが、鞍上が悪い。位置取りも前走より前に行きそう。スマートオーディンみたいにならないでね。




最終予想

◎5ダイメイプリンセス

〇6ダイメイフジ

△2ペイシャフェリシタ

×3、12

ナックビーナスはさすがに怖いです。。。












 

このページのトップヘ