狙うぞ万馬券!<重賞予想>


忙しくて更新が遅くなりました。
先週はダートで完全敗北になりましたので、今週は完全勝利になれるようおもしろいデータを持ってきました!

阪神JF  G1

まず、過去の好走条件に当てはまる馬は今回7頭いました。
サヤカチャン マウレア マドモアゼル リリーノーブル ラッキーライラック モルトアレグロ ロックディスタウン
※ベルーガが回避していなければ、ある意味で嬉しかったのですが。

さらに、私独自で発見した好走条件からさらに消していくと、

マウレア リリーノーブル ラッキーライラック モルトアレグロ ロックディスタウン

この5頭が残りましたので、ここから印を付けていきます。


※ここまでの好走条件は予想講座編に書いていますので、こちらの方もよろしくお願いします。



過去10年の1着馬の成績

阪神 1着

〇黄色は1600m以上で1着かつ上がり1位
〇2013年以外は単勝10倍以内
〇右回り経験ありが9頭、ない馬は外回り経験あり
〇一度でも乗り替わりがある馬は前走重賞で勝ち
〇10頭すべて牡馬と対戦あり。2008年のブエナビスタ以外は牡馬相手に勝ちあり

すべての条件をクリアしている馬はロックディスタウンのみ



過去10年の2着馬の成績

2着馬

〇黄色は1600m以上で1着かつ上がり1位 or 青色は重賞で上がり1位
〇右回り経験ありが9頭、ない馬は外回り経験あり
〇近年、外回り経験ありが好走
〇オープン以上で連対経験ありが8頭

外回り、連対経験があるのはラッキーライラックのみ


過去10年の3着馬の成績

3着馬

〇黄色は1600m以上で1着かつ上がり1位 or 青色は重賞で上がり1位
〇上記の条件に当てはまらない馬は外回り経験ありが占めている

3着馬となると色が少なくなっているのがわかりますね。
 
マウレア:右回り経験なし、外回り経験なし、ディープ産駒
リリーノーブル:外回り経験なし 前走白菊賞0-0-0-14(1番人気1着馬は初出走)

※右回り経験なし:3着馬の2頭は前走新馬戦、1,2着馬の2頭はディープ産駒


穴をモルトアレグロと考えていましたが、鞍上の吉田隼人騎手の阪神での成績が・・・。
複勝率0%ですね。穴馬じゃないのかもしれません。


1着 ロックディスタウン
2着 ラッキーライラック
▲  マウレア
△  リリーノーブル
(穴)  モルトアレグロ

これって印と言えるのか疑問ですが、こういうのもおもしろいですよね(・∀・)
日曜日が楽しみです!!



予想講座編で中日新聞杯、リゲルS、カペラSの推奨馬を配信します。
興味のある方はよろしくお願いします!お陰様で好評です!

追記:中日新聞杯とリゲルS更新しました。よろしくお願いします






予想で大外れか大的中になると思います⇒大外れになりましたね。

展開の読みが真逆になりました。
 
1着 ゴールドドリーム 4角11
2着 テイエムジンソク 4角
3着 コパノリッキー  4角
4着 ケイティブレイブ 4角

時計は1分50秒1と去年や一昨年と変わらないタイムでした。
なぜ前有利となったのか?
⇒おそらく800~1200mでペースが落ち着いたことにより上がりが速くなったのがこの結果となったと考えられます。

みなさんもお気づきだと思いますが、1着馬が4角11と後方から差してきています。
ラチ沿いで走れる馬は好走すると、予想にも書きましたが、ラチ沿いで足をためていましたね。
さすがムーア騎手です・・・

ただ"前有利であるのに"と思った方がいるはずです。
今日の中京ダートはゴールドアリュール産駒(1,3着)が抜群に相性がよかったです。
※中京12Rも1着はゴールドアリュール産駒


ちなみに私の◎ノンコノユメはスタートしてから内に行かず外に行った瞬間、終わったと察しました。
スタートして100mもせずにハズレ馬券となりました(T_T)


ダートは難しいですね。特にデータ派の私にはデータが少ないと活きてきません。
予想に乗っかった方すみませんでした。



中山メインは推奨馬の2頭が1,2着を争う結果となりました!
さらにレース傾向を見てる方なら今日の中山芝はディープ産駒の日だったため2も買えてそれなりの勝ちを手にしたと思われます。
やはり私は芝のメインが合いますね(・∀・)


来週は中日新聞杯、カペラS、阪神JFありますね。
阪神JFにつきましては過去の傾向を分析次第配信していきます。
前回◎にしたラッキーライラックが出るので楽しみです!
芝なのでご期待ください!!


また中日新聞杯、カペラSに関しては予想講座編の一番下にあるその週の情報に掲載していきます。
※今日の中山メインもこちらのみに書くべきでしたかもしれませんね。購入者にはさらによい結果になるようこれからも頑張っていきます。






このページのトップヘ