お疲れ様です。
セントライト記念は予想通りSペース気味の展開でしっかり◎ジェネラーレウーノが完勝しました。ただ、後半は持久力が問われる展開になったため、距離不安がある先行馬は全滅した事で、上位は後ろからの馬が独占しました。

その中、前目で4着に粘ったブレステイキングは今後楽しみですね。

 

僕の使ってる「コラボ指数」が・・・
神戸新聞杯3年連続指数上位6頭で的中してました。
毎年、毎週コラボ指数使ってるので気づきました!

■神戸新聞杯2017
1着レイデオロ     指数1位
2着キセキ       指数3位
3着サトノアーサー   指数2位
■神戸新聞杯2016
1着サトノダイヤモンド 指数1位
2着ミッキーロケット  指数5位
3着レッドエルディスト 指数3位
■神戸新聞杯2015
1着リアファル     指数6位
2着リアルスティール  指数1位
3着トーセンバジル   指数5位

この指数データは各会場午前中6レースも無料公開!
17日の中山でもだいたい上位4頭~5頭で決着してますよ。

午前中6レースを上位6頭BOX、3連単狙い!
プラスに転じておいしい昼飯後、勝負馬券、勝負レースにいくのが
コラボ指数」の醍醐味ですよね?!

4年連続でコラボ指数が神戸新聞杯を制すのか?!
セナがモナコGP強いように、(古いか!F1ですよ)
コラボ指数が神戸新聞杯に強いのは実証されてますよね!

コラボ指数を見るには、
こちらからアドレス送信後、返信メールのURLからサイトに入ってすぐ見れます!
では日曜日午後!結果を楽しみに待ちましょう!

コチラ(無料)





● 神戸新聞杯 ●
2007年からの過去11年間の傾向

好走馬33頭の傾向

①好走馬33頭中27頭が当日上がり3位以内

このレースは上がりが使える馬の好走が非常に目立っています。


これまでに上がり2位以内が2回以上あった馬:32頭
※1頭は芝レースを前走しか走っていない(2015年1着馬)

これまでに上がり1位が2回以上あった馬:30頭
※2015年1着馬、2007年2,3着馬


②好走馬33頭中22頭が外回りコースで勝ち有

※外回り経験なしが5頭いました


③好走馬33頭中23頭が外回りコースで上がり1位あり

外回りコース経験ありの28頭中23頭が上がり1位あり

他5頭中4頭が上がり2位ありなので、上がり2位以上がない馬は非常に好走が厳しい



今回の該当馬

これまでに上がり2位以内が2回以上あった馬(好走率97%)
アドマイヤアルバ、エタリオウ、ゴーフォーザサミット、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、ダブルシャープ、メイショウテッコウ、ワグネリアン

これまでに上がり1位が2回以上あった馬(好走率91%)
アドマイヤアルバ、ゴーフォーザサミット、タイムフライヤー、ダブルシャープ、ワグネリアン


外回りコースで勝ち有(好走率67%)
アドマイヤアルバ、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、メイショウテッコウ、ワグネリアン


外回りコースで上がり1位あり(好走率69%)
アドマイヤアルバ、エタリオウ、タイムフライヤー

上がり2位がある馬
メイショウテッコウ、ワグネリアン

外回りコース経験なし
ゴーフォザサミット


過去の好走率から今回好走するであろう馬
①好走率97%に該当している
アドマイヤアルバ、エタリオウ、ゴーフォーザサミット、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、ダブルシャープ、メイショウテッコウ、ワグネリアン

その中でも③に該当している
アドマイヤアルバ、エタリオウ、ゴーフォーザサミット、タイムフライヤー、メイショウテッコウ、ワグネリアン

この6頭から予想していこうと思います。


そろそろタイトルにある「該当馬10頭中10頭が好走した条件」を書いていきます。

その条件とは・・・

”ダービーで5着以内かつ上がり3位以内の馬”

2017年該当馬なし
2016年該当馬なし
2015年該当馬なし
2014年該当馬1頭(1着)
2013年該当馬1頭(1着)
2012年該当馬1頭(1着)
2011年該当馬2頭(1,2着)
2010年該当馬2頭(1,2着)
2009年該当馬なし
2008年該当馬1頭(1着)
2007年該当馬1頭(1着)

10頭とも当日3番人気以内ではあるが、該当馬がいれば必ず最高順位で好走しています。

今回該当馬が1頭います!!

エタリオウ

前走ボウマン騎手ではあるが、今回デムーロ騎手なので前走よりパフォーマンスを落とすことはないでしょう。期待して良いのではないか。




今回は全力で買い↓掲載中

中央競馬ランキング

ダービー後にこの馬が最も気になると取り上げました。鞍上も外回りも文句なし。今回狙うべき馬です。