お疲れ様です。
先週は外出の為、携帯電話から更新をする予定でしたが、通信制限に引っ掛かってしまい更新ができませんでした。申し訳ないです。

ジャパンカップについてはキセキを勝たせるための馬場にしてありましたね。それを簡単に差しきる歴史的名馬がいました。



小倉記念~ジャパンカップまでの無料提供重賞17レース51頭中、
42頭がコラボ指数30以下の馬。毎週気になりますね。
今週の無料提供重賞は「チャンピオンズカップ
当日会員内〔北条のブログ〕で赤枠内コラボ指数、指数値が公開。
メール登録のみでコラボ指数見れます(無料)⇒コチラ





● チャンピオンズカップ ●

昨年もそうでしたが、中京ダ1800になってから今年で5年目なのでデータが少ないです。

しかし、去年の結果で中京ダ1800ではどの馬を狙うべきかが明白になってきました。

過去4年荒れに荒れまくっています。

このコースは強い馬が好走するのではなく、このコースに合っている馬が好走します。


注目したポイントは
”血統”



☆Vice Regentを持っている馬☆

2017年 着順(人気)
1着馬⑧2着馬①6着馬⑫、8着馬、11着馬、15着馬

2016年
1着馬⑥3着馬⑩、5着馬、12着馬

2015年
1着馬⑫3着馬⑤14着馬④

2014年
3着馬③4着馬⑮、10着馬


※赤色は好走条件に該当している馬です。

好走条件⇒二桁馬番は4角2番手以内、前走国内、前走掲示板外は上位人気

10頭中7頭が好走し、8頭が掲示板内に入っています。
掲示板外の2頭はこのコースでやってはいけない最終コーナーを外から回していた。


今回Vice Regent持ちの馬

アスカノロマン、アポロケンタッキー、アンジュデジール、ミツバ

好走条件該当馬はアポロケンタッキー、アンジュデジール

さらに、色付きの馬はVice Regentの中でもフレンチデピュティの血でした。

今回たった1頭だけこれに該当している馬がいます。

それは”アンジュデジール”です。

この1頭は確実に馬券に入れるべき馬です。
他のコースならいらない、中京ダ1800だから買える馬!!



☆Vice Regentを持っていない馬☆

2017年 3着馬 馬番1
2016年 2着馬 馬番2
2015年 2着馬 馬番1
2014年 1着馬 馬番8(4角2番手)
2014年 2着馬 馬番4

2014年以外は毎年1頭のみ好走しています。
勘が良い人は共通点が分かるはずですね。5頭中4頭が馬番4より内の馬です。
先ほども書きましたが、このコースは如何に内で走れるかが好走に繋がってきます。

馬番2ルヴァンスレーヴ、馬番8ケイティブレイブ、馬番9サンライズソア



最終予想

◎1アンジュデジュール
普通の牝馬ならいらない。ただこの血統は絶対に買い。牝馬で唯一好走したサンビスタはこの血統でした。

〇2ルヴァンスレーヴ
2015年の武豊騎手が怒った年以外は後ろからの馬は毎年1頭しか好走していない。それならこの馬が1番であると判断しました。

△4アポロケンタッキー
2016年は馬番14から5着。2017年は馬番15も取り消し。今年はやっといい枠に。臨戦ほど好成績になるこの馬にとってこのローテは良。


×8.9
◎と△を低人気にしているから2頭抑えても悪くない。