狙うぞ万馬券!<重賞予想>

2018年04月


先週ブログを書くことができず申し訳ないです
今週から復活しますのでご期待ください


 

アーリントンカップ

こちらは時間がなく配信できませんでした。


この重賞成績の傾向から川田騎手のパクスアメリカーナとデムーロ騎手のレッドヴェイロンは好走濃厚でした。上位人気決着のわりに高配当だったのでおいしいレースでした。

私がまとめた傾向からパクスアメリカーナとレッドヴェイロンのワイド(7.2倍)や2軸から3連係の的中報告を多数いただきました!!

的中された方おめでとうございます!!





皐月賞
ある程度力があり前にいた馬が好走しただけのレースでした。



印4頭の内3頭は物理的に届くわけがない位置にいました。
おそらく多くの人がこの4頭から馬券を組み立てたと思います。
ただ、この結果は仕方がなかったと捉えるしかないです。

今回予想は全くだめでしたが、レース傾向からこの3頭を絞れていたことはプラスでした

一桁馬番の好走条件に該当する可能性があった馬はこの3頭でしたが、タイムフライヤーとワグネリアンは当日上がり上位でなかったため好走するわけないですね。

走ってみないとわかりませんが、結果的に4角4番手のエポカドーロと上がり1位のキタノコマンドールが1,5着になりました。


私自身の買い目(3連単F)16点
①タイムフライヤー、ワグネリアン
②タイムフライヤー、ワグネリアン、サンリヴァル
③タイムフライヤー、ワグネリアン、サンリヴァル、ジェネラレーウーノ、グレイル、ステルヴィオ

ジェネラレーウーノ、グレイル、ステルヴィオの3頭は過去の血統傾向から3着が限界であると判断しました。エポカドーロは勝ち馬条件に該当していましたが、鞍上でバッサリ・・・。



アンタレスステークス


グレイトパール強かったですね。
一年近くの休み明けに川田騎手がダノンプレミアムに騎乗していたら中井騎手だったことを考えれば叩きであると思っていました。

2着ミツバがいなけらば久しぶりの完全的中ありましたが、松山騎手が上手かったです。途中から先頭に立つ競馬には痺れました。ただ勝ち馬グレイトパールが強すぎました。






今週の予定


〇福島牝馬ステークス (荒れ度 小)

毎年そこそこ荒れていますが、その原因は前走中山牝馬S組以外の馬が低人気で好走しているからです。今年のメンバーを見ると前走中山牝馬S組以外の好走はないでしょう。

また、前走中山牝馬Sの好走条件に該当する馬は3,4頭なので・・・。



〇フローラS  (荒れ度 大)

去年は12番人気のモズカッチャンが勝っていますね。2着には10番人気のヤマカツグレース。共に父ハービンジャー産駒なので今年もハービンジャー産駒を買えばいいという訳ではありません。今年のハービンジャー産駒の2頭は現段階では消しです。今年のレース展開的にある好走条件があります。


その好走条件に該当している買うべき馬↓

中央競馬ランキング




〇マイラーズカップ  (荒れ度  中)

雨が降らなければすでに5頭まで絞れています。
力だけならエアスピネルだろうが、勝ち馬はこの馬ではないと思っています。


危険な人気馬↓

最強競馬ブログランキングへ




こちらもよろしければお願いします。
ここ限定で重賞予想の配信や当日の傾向を配信しています。

予想講座編





土曜の重賞は展開と傾向がドンピシャにハマりましたが、イメージしていた位置取りが異なったため的中に至らなかったです。

逃げ馬を◎にし、2番手を〇▲にしたことは正解でしたが、逃げミスパンテールで2番手レッドアヴァンセの並びになるなんて予想も付きませんでした。

読み通りの並びだったら完全的中もあった可能性があります。
競馬は難しいですね。




桜花賞
レース傾向

・馬番1~5の成績がかなり悪い
・前走チューリップ賞組が好成績
・父サンデー系が好成績
・Sペースでないと前目は厳しい


好走条件

前走チューリップ賞組:17頭
⇒馬券内 11頭
 馬券外の6頭中4頭は馬場荒れの年だった
 残る2頭はチューリップ賞上がり上位かつ掲示板内かつ1600mの重賞勝ちあり

今回の該当馬
ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレア


前走チューリップ賞組以外:13頭
⇒阪神JF出走 7頭
 残る6頭は前走1着


今回の該当馬
アーモンドアイ、コーディエライト、トーセンブレス、ハーレムライン、プリモシーン、リバティハイツ、レッドサクヤ



枠順傾向

前走チューリップ賞組以外の13頭

11頭が二桁馬番であった

一桁馬番の2頭は1600mの重賞で上がり上位かつ好走経験があった馬。さらに共に馬番8で当日3番人気以内(単勝10倍以内)


この傾向から今回の前走チューリップ賞組以外の馬は二桁馬番が絶対条件となりそうです


今回の前走チューリップ賞組以外の二桁馬番
アーモンドアイ、コーディエライト、プリモシーン
※トーセンブレスが人気以外はクリアしている



ここまで残った馬

ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレア、アーモンドアイ、コーディエライト、プリモシーン


レースの展開

過去10年Sペースは2回のみ。完全なる逃げ馬不在の年でした。今年は絶対に逃げたいコーディエライトがいるのでSペースにはならないでしょう。レッドレグナントやハーレムラインが前で争うことになれば余計速くなる可能性があります。Sペースになると前が有利になりますが、Mペース以上なら前目の馬は用無し状態になっています。特に一桁馬番の先行型の馬は1頭も好走していません。


各馬の考察

ラッキーライラック
馬番1に入ったこともあるが、より厳しくなったと思っています。確かにこの世代トップの力はあります。ただ強くても条件が合わなければこのレースは勝てません。この枠順になったことで前に出さなければならないです。これが今回致命的となります。例年通り逃げ馬がいますのでMペースになり、この馬には厳しい展開になるでしょう。もしこれでも好走したなら歴史的名馬です。



リリーノーブル
阪神JF→チューリップ賞と最高のローテに最高の枠。鞍上も今年3番人気以内ならすべて好走している安定感があります。(ちなみに土曜のラビットランは凡走傾向に該当していました)ただ血統がマイナス点です。父と母父にサンデー系がない馬は6頭のみ。(Sペースの年に3頭、他3頭は共に3着)また父ミスプロの勝ち馬はSペースの2年だけである。



マウレア
クイーンCであの騎手がやらかさなければ。前走上がり1位は評価できます。このレースに関してはリリーノーブルよりこちらの方が良いでしょう。大外枠なので天才武豊騎手次第ではおもしろい1頭です。



アーモンドアイ
シンザン記念からの参戦は異例です。レース後の感想でこの馬は間違いなくG1馬になると断言しました。三冠馬アパパネを育てた国枝調教子によると牝馬はこのくらいの緩いローテがちょうど良いみたいです。ただ、父ミスプロ系である点がこのレースにどうなるか不安です。



コーディエライト
逃げ切れない。



プリモシーン
鞍上の重賞凡走条件に該当している。



☆フィニフティ
この馬だけ好走条件外ですが考察します。なぜ考察するかと言うと、絶好調藤原厩舎と福永騎手との関係について調べたからです。

福永騎手×藤原厩舎の2010年からの重賞成績

23戦ありまして、福永騎手に乗り替わったのが11戦

4-2-1-4と好成績
※今年もファルコンSでミスターメロディが1着になっています。

馬券外の4戦は2か月以上の休み明けが3頭に、ラストランの1頭だったため仕方ないと考えられる。

今回藤原厩舎はレッドサクヤも出走させていますが、この馬は前走まで福永騎手が乗っていました。その福永騎手をフィニフティに騎乗させると言う事は好走できる自信があるからだと思います。


最終予想

すべてを考慮して買える順番
①マウレア、フィニフティ
②アーモンドアイ
③リリーノーブル

力の順番(私の意見)
①アーモンドアイ
②マウレア、フィニフティ、リリーノーブル

血統傾向関係なしの予想
①アーモンドアイ
②フィニフティ
③マウレア
④リリーノーブル

申し訳ないですが、印は正直なところ付けようがないです。
この4頭から上位独占を願うだけです。
特にアーモンドアイ、マウレア、フィニフティの3頭決着なら最高ですが。




最強競馬ブログランキングへ




中央競馬ランキング










1週間お疲れ様です
今週は3つ目のG1桜花賞があります。
ラッキーライラックが1枠1番に入り波乱が起こる可能性が高まりました。



〇阪神牝馬S
2016年から外回り1600mに変わっています。
2年分のデータを見ると堅い決着が続いています。

ただ今年は逃げ馬不在かつ雨で馬場が荒れている状態


前目で走れて馬場荒れを苦にしない馬を狙いたい

逃げ馬が誰になるか予想つかないが有力はジュールポレール

2番手にエテルナミノル、ソウルスターリング

4番手にレッドアヴァンセ、ミスパンテール


この位置で上手く行ってくれたら狙いたい馬はこの馬

◎1ジュールポレール
前年重馬場にクロコスミアがミドルペースで逃げ、4角5番手の上がり3位で3着。今年はこの馬が馬場荒れかつスローペースで逃げれる可能性があるのでそのまま押し切れそう。


〇6ソウルスターリング
近2走はG1だったため好走できないのは仕方ない。ただ先着されたのはレインボーラインを除けばすべてG1馬です。牝馬の3歳馬がその相手に勝てるわけがないですよね。力は抜けているが斤量56


▲7エテルナミノル
前年4角2番手から5着。この馬はコーナーが2つのレースに非常に強い。成績4-2-0-3となっています。9戦の人気を見ると,13,8、,5、人気です(太字は好走)。ちなみに前年は13番人気から5着なのでコーナーが2つのレースに強いことがわかります。凡走した2戦は2か月以上の休み明けだった。


抑えとくべきか3リスグラシュー
ソウルスターリングの次に強いのはこの馬ですが、展開が合わないのと本気を出す必要がない点があります。






〇ニュージーランドT

関東の天候が分からないので、こちらはTwitterで配信します。

おそらく14時から15時の間には配信します!


フォローしてくれたら嬉しいですが、覗くだけでも構いません。

※全員にフォロバしています


☆万が一、配信時間にTwitterを拝見できない場合や馬券の購入ができない場合の方が居られましたらDMしてください。




最強競馬ブログランキングへ




中央競馬ランキング






先週もお疲れ様です。
軽くダービー卿CTの予想結果をします。


◎ヒーズインラブ 1着
 枠順決定前からこの馬に決めていました。最高の枠に入り、すべて上手くいってくれました。単勝6.5倍はありがたいです。

〇ストーミーシ― 3着
 予想通り展開が合いました。ハンデ戦だから9番人気でも狙えた馬です。9番人気で美味しいからといって軸◎にはしません。私のスタイルは勝てる馬を◎にします。欲を言えば2着がほしかったです。

▲レッドアンシェル 7着
 土曜の戸崎騎手は芝で人気以上の着順が一度もなかったです。斤量が重い、戸崎騎手、中山が合わない、そもそも強いのかの4つに凡走した理由があると思います。好走条件に該当していなかった点もありますが。


まとめ
普通ならストーミーシ―に印入れるならグレーターロンドンにも印を付けなければなりません。ただ、当日ディープ産駒用無し馬場だったのでバッサリ切りました。ここが当日と前日予想の違いですね。

予想が簡単なレースに感じましたが意外と高配当が出ています。私は3連係を購入せずに◎と〇の2頭のみから馬券を購入しましたが、読者さんの中で3連係を的中された方がいました。

的中おめでとうございます!!





大阪杯
みなさん感じたと思います。”ミルコ・デムーロ騎手は天才”


まず当日の血統傾向

4つの父血統の好走が目立っていました。

〇ハーツクライ
 ⇒スワーヴリチャード、シュヴァルグラン

〇ハービンジャー
 ⇒ペルシアンナイト

〇ディープ
 ⇒サトノダイヤモンド、アルアイン、スマートレイアー、サトノノブレス

〇キングマンボ
 ⇒ヤマカツエース、ダンビュライト



次に各馬の位置取りを見てもらいます。

7727229940435 (1)

少しわかりにくい画像ですみません。

         
ラチ沿い1列目     ラチ沿い2列目
緑ヤマカツライデン   橙ダンビュライト
赤スマートレイアー   青アルアイン
白サトノダイヤモンド  赤ペルシアンナイト 
黒ヤマカツエース    白ミッキースワロー

このような並びで1000mを通過。
スローペースでもあったことでトリオンフとスワーヴリチャードが前の方まで動いてるのがわかります。

この展開と仕掛けにより外の馬が位置を前に動いて行く中、ラチ沿いにいた3頭は動くスペースがないため自然とどんどん位置が後ろになっていった。

スマートレイヤー
通過順3-3-5-10
サトノダイヤモンド
通過順6-5-12-12
ヤマカツエース
通過順9-8-13-14

体力切れで下がってしまったわけでもないのに1コーナーよりも5,6頭後ろになっている。

そんな中、外を回されることも位置を下げられることもなくラチ沿い2列目で足を溜めていた3頭が馬券内独占しています。要するにこのレースでの勝ちポジです。



ペースが速ければ間違いなく2,3着馬は変わっていたでしょう。
ただ、1着馬スワーヴリチャードはどのペースであっても勝っていたと思います。


今回は予想外のスローペース(普通に考えればヤマカツエースのためにスローペースでは逃げない)

仮にアルアイン、ペルシアンナイトが内枠(馬番1~3)でヤマカツエース、サトノダイヤモンドが真ん中近く(馬番5~8)だったら着順が逆になっていたもしくは他の馬が好走していたはずです。

当日の血統傾向の中から枠順に恵まれた馬が好走したレースでした


まとめ
4着のヤマカツエースは位置を下げられ展開が合わなかったのにこの着順に。枠さえ良ければ普通に馬券内だっただろう。予想通りこのメンバーで2000mでは上位でしたね。

5着のミッキースワローは唯一外を回して掲示板に。後ろすぎたのと枠順も悪かった。アルアインよりも強いような感じがします。この馬も枠と位置さえ良ければ馬券内あったかもです。

7着のサトノダイヤモンドは全く終わった馬ではありません。結果的に最悪な枠順でしたがエンジンのかかりが遅い馬であるのに自由に動けないラチ沿いに入った点、直線で内を突かずに外を回す不可解な点など騎手のミスが大きく影響した。

13着のシュヴァルグランは当日の馬場傾向から消しました。またペースも合いませんでしたのでこの着順は妥当です。次走の天皇賞春に期待しましょう。






今週の予定

〇ニュージーランドT  (荒れ度  大)

過去10年の結果を見ると荒れまくっています。
荒れている原因は人気馬のローテ、騎手、枠順です。
今年も枠順決定前から怪しい人気馬が1頭います。


消す人気馬(理由掲載)↓

最強競馬ブログランキングへ



〇阪神牝馬S   (荒れ度  小)
 
2年前から1600mに変更してから全く荒れなくなりました。

毎年上位人気馬の父ディープ産駒母父ノーザンダンサーの好走が目立っています。今年も何頭かいますが上位人気しそうにないですね。



〇桜花賞    (荒れ度  小)

前走重賞馬券内組の好走が目立つ。特にチューリップ賞組が有力である。

ラッキーライラックとアーモンドアイの2強対決に相手探しで良さそうな感じがしますが、桜花賞は馬番5より内は全消しでいいレベルです。ここにこの2頭が入れば・・・。


相手候補1番手↓

中央競馬ランキング



大阪杯2年目と言うこともあり傾向がないに近いです。

過去の傾向から予想されている方はあまり参考にできないと思います。

G1とG2では出てくる馬のレベルが違うので何歳が良いや前走何のレースが良いなど関係なくなってきます。さらにG2時代は別定でしたがG1では定量になっています。

要するに力が少し足りなくても斤量差でなんとか逆転できていたものが斤量差がなくなり、強い馬が先着するようになっている。

しかし、
G2時代の1998年から19年間で単勝20倍以上の馬は9頭しか好走していない

この9頭のうち6頭が少頭数(12頭以下)の年に好走している


今回16頭立てなので穴となる馬の出番の可能性は低いと思われる

好走した3頭の共通点は4歳馬かつ上がり上位


これが穴となる絶対条件であるのかは微妙な感じです。
成長段階(力を出していない)の4歳馬だから好走した可能性もありますが。

唯一過去の傾向から参考にできるのが枠順での好走条件


次に、馬番1,2の成績がかなり悪い
好走したのはたったの6頭のみ

20年間で39頭中16頭が単勝20倍以内

好走馬
馬番2 上がり1位
馬番2  逃げ馬 (2番人気)
馬番2 上がり1位
馬番2 上がり1位
馬番2 上がり1位
馬番1 前年馬券(3番人気)

決め手がある馬のみが好走できているとわかります。

過去馬番1,2に当日3番人気以内が7頭
そのうち4頭が好走しています。
馬券外のうち2頭が同年、もう1頭は4着
※同年に該当馬が2頭いる場合、片方のみが好走している



昨年の上位を独占した馬の戦歴に共通点がありました

1着 重賞2000を斤量58で好走あり (当日1番人気)

2着 重賞2000を斤量57で好走あり (当日7番人気)

3着 重賞2000を斤量57で好走あり (当日4番人気)

4着 重賞2200を斤量57で好走あり (当日2番人気)

5着 重賞1800を斤量57で好走あり (当日5番人気)

6着 重賞2400を斤量57で好走あり (当日3番人気)

※すべて古馬含むG2以上の重賞


好走ポイント

①2000mを斤量58で好走歴がある
②2000mを斤量57で好走歴がある
③斤量57で好走歴がある


該当馬
①サトノノブレス
②サトノダイヤモンド、ヤマカツエース、スワーヴリチャード
③シュヴァルグラン、ゴールドアクター、アルアイン


この中から距離や展開が合う馬に印をつけていきます。




◎8アルアイン
サトノダイヤモンドを上に評価したかったが、池江調教師の感じからこっちの方が自信あるような雰囲気をしていた。展開、距離、勝負度すべてにおいて良い。


〇2サトノダイヤモンド
前走は最初から勝ち負けを考えないのんびりした走り。それに加えて最後の伸びは良かった。ルメール騎手から戸崎騎手の乗り替わりは技術的には大きなマイナスではあるが、乗り換え傾向からプラスである。前走もそうでしたが、このメンバーレベルで凡走は考えられないでしょう。


▲3ヤマカツエース
単勝20倍以上の6歳馬。前走は+12キロもあり全く走れていなかった。2走前から4走前はG1だったこともあり好走ができなかった。仮にヤマカツエースより人気している4歳馬が天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念に出走していたらどうなっていたか考えてみてください。おそらく似たような着順かそれ以下だったでしょう。しっかり出来上がっていたら前走のようなことはないだろう。



力で3着になりそう☆4シュヴァルグラン
距離はもちろん×。おそらく土曜の馬場傾向から馬場も×。叩き台でもある。ただ、サトノダイヤモンド次第で現役最強馬の可能性があります。切りたい人はバッサリでいいと思います。私は当日の馬場から残すか切るか決めます。











 

このページのトップヘ