狙うぞ万馬券!<重賞予想>

2018年05月


お疲れ様です!
先週は大一番であの福永騎手が神騎乗をしました。
展開を考えずその馬に合った脚質で必ず競馬をしてきた福永騎手がまさかです。それほど日本ダービーを勝ちたかったのでしょう。すばらしです!!



〇日本ダービー

日本ダービーは”最も運の良い馬が勝つ”と言われています。

勝ち馬ワグネリアン
・大外枠に入ったことで先行すると決断した
・先週の府中は前が残る馬場だった

おそらく大外枠でなければいつも通り後方からの競馬になっていただろう。いくら力が合っても今の馬場では好走できてない。福永騎手の強い気持ちが一番ですが、大外枠に入ったことが運が良かったのではないか。

もう1つ運が良かったことがあります。
それはワグネリアンを本命にした人です。
土曜日と日曜日の馬場傾向からではこの馬を本命にすることは考えられない状態でした。もちろん好きな馬だから応援馬券として購入した人もいますが、それ以外の方でこの馬を本命にした方は正直予想が下手な人です。”まさか先行するとは”と99%の人が感じたでしょう。




私の本命◎ゴーフォザサミット
ダノンプレミアムの後ろに入れた時は「よし!」と思いましたが、1コーナーでテーオーエナジーに寄せられて下がる場面がありました。もう少し強引にしてほしかったです。ただ、その位置で走れていても4.5着だっただろう。



▲ブラストワンピース
スタートが~、不利が~などいろいろ言われていますが、この馬スタート苦手ですよ。それを言い訳したらなんだってありになります。ちなみに不利もなかったです。福永騎手が「4コーナーでブラストが手応えあったから隙を与えないようにした」と言っています。福永騎手の技術に負けただけです。



まとめ
ダノンプレミアムはやはり強いと感じた。休み明けで距離も微妙と言われていたが、結局そこまで負けてない。一番気になるのがアドマイヤアルバ。最後方から上がり最速を使っていますが、最後の直線がエタリオウのようにすんなり走れていたらもっと上の着順だっただろう。次走騎手次第では買いたい1頭です。




〇青葉賞


1着 3ウインテンダネス
2着 4ノーブルマーズ
3着 8パフォーマプロミス

久しぶりの完全的中!!

馬連6点で192倍、3連単12点で1971倍的中!
久しぶりに的中報告も多数頂き嬉しい限りです!!

目黒記念はかなり相性がいいので来年も楽しみです




今週の予定


〇鳴尾記念    (荒れ度 小)

距離が変更になった2012年から6年間
面白いことに気づきました。
・池江厩舎が4勝している(出走5年)
・武豊騎手が4年逃げている(出走5年)

今年ももちろん池江厩舎の馬が出走するし、武豊騎手はマルターズアポジーに騎乗するので逃げるでしょう。



〇安田記念   (荒れ度 大)

毎年荒れ気味ですが、その原因は父サンデー系の好走が難しいからです。
今年の上位人気馬は父サンデー系が多数います。さらに父ハービンジャー産駒は今の高速馬場で全く走れていません。かつ先週の前が残る馬場なら荒れまくるのではないだろうか。


先週の馬場でなければこの馬が最有力↓

中央競馬ランキング


先週の馬場ならこの馬で決まり↓

最強競馬ブログランキングへ




noteでの予想
予想講座編

note
このように配信しております。
◎ラブカンプー(6番人気)
単複購入も逃げれず複勝3.5倍のみ







お疲れ様です
いよいよ日本ダービーの日になりました!
6955頭の頂点に立つのはどの馬か!?



日本ダービー
ダノンプレミアムが1枠1番で勝ちは濃厚みたいな雰囲気が出ていますが、果たしてそうなのでしょうか。

2番人気は皐月賞組より強いのかわからないブラストワンピース
3番人気はなんとか出走権利を獲得できたキタノコマンドール

んー、この3頭で決まることはないだろうな


今週から予想講座編で使用していますが簡単に図にまとめてみました。

日本ダービー 2018

簡単に不安点も記載しました。
東京芝の改修後の2003年からの過去15年間のデータから考察しました。



・実は1枠はどの馬でも好走できる訳ではありません。
⇒上位人気(単勝10倍以内)でも上がりが使えなければ簡単に凡走している
※唯一上がり上位でない馬が1頭好走していますが、2015年2着馬で上がり5位


・前走京都新聞杯は1着馬が5頭好走しています。
⇒4頭が前走上がり上位だった
※もう1頭は2015年1枠1番の2着馬


・皐月賞を4角5番手以内で好走した馬は5頭好走しています。
⇒5頭とも当日3番人気以内
※皐月賞を4角5番手以内で好走した馬は計20頭


・馬番15より外の連対馬は1頭のみ
⇒2007年の2着馬で逃げ、前日の午前まで稍重だった
※近年は前年の怪物アドミラブルの3着のみ


・前走青葉賞から好走
⇒前半ある程度流れてかつ2分26秒0以内決着だった年の勝ち馬5頭中4頭が好走している
※今年はこの条件に該当しているので勝ち馬の好走確率は高い


・前走皐月賞着外の馬で好走
⇒11頭中10頭に重賞勝ちがあった
※1頭は不良馬場の年



次に良馬場の年に二桁馬番で好走した13頭の戦歴
①10頭が2000m以上の重賞を上がり2位以内で2着以内あり
⇒その内9頭が1着だった
該当馬
ワグネリアン、グレイル
(特例ステルヴィオ:前走展開が特殊でなければ好走していた可能性高)

②2頭が東京重賞を上がり2位以内で勝ちあり
⇒2頭とも皐月賞馬券内
該当馬
なし

③残る1頭は逃げ馬(例外)
⇒上記の前日の午前まで稍重の年


ここまで残った馬

①ダノンプレミアム、ゴーフォザサミット、ブラストワンピース、ワグネリアン

②キタノコマンドール、グレイル、ステルヴィオ


皐月賞で後方から届かなかった4頭の評価

最後の直線でステッキを使用した回数
ステルヴィオ 5回 4角13番手上がり34.8
グレイル 3回 4角13番手上がり34.8
ワグネリアン 1回 4角12番手上がり35.2
キタノコマンドール 8回 4角13番手上がり34.8

・なぜこんなに回数に差があるのか(推測)
ステルヴィオ:馬券内を目指した
グレイル:叩けるタイミングがなかった
ワグネリアン:中山は走らないので頑張る必要なし
キタノコマンドール:出走権利のためデムーロお得意の競馬

この4頭で上手い人なら狙うべき馬が大体わかりますよね
ワグネリアン>グレイル>ステルヴィオ>キタノコマンドール

ただ、前3頭の枠順が絶望的です。
さらに土曜日の馬場傾向から追い込み馬は内を通らなければ好走が難しそうです。



最終予想

◎6ゴーフォザサミット
勝ちがない前走青葉賞だからこの人気なのでしょう。ダノンプレミアムに勝てるのはラチ沿いのダノンプレミアムの後ろで足を溜めているこの馬だと信じています。

〇1ダノンプレミアム
正直この馬の脚質を考えればこの枠順は逆に厳しいと思います。ただ、他が弱すぎるのでこの馬の力と今週の馬場を考えれば。

▲8ブラストワンピース
当初は消す予定でした。2走前に東京2400を2着馬に0.7s差の圧勝していますが、その2着馬は阪神2400でエタリオウに0.9s差つけられています。前走毎日杯では2着馬ギベオン以外はラチ沿いにいた馬が上位独占しています。そのギベオンはNHKマイルで2着になっていますが、かなりの低レベルの争いでした。他に買える馬がいないので仕方なく3番手評価にしています。血統的にも3着が限界でしょう。


☆17ワグネリアン
キタノコマンドールを消す訳ではないですがこの馬を上に評価しました。枠が真ん中なら本命にしていました。福永騎手曰く「内に入るポジションを考えているみたいです」。でも、この枠なら3着が限界かな





目黒記念で買うべき馬↓

最強競馬ブログランキングへ





















今週もお疲れ様です。
平成最後の日本ダービーが日曜に行われます。
楽しみすぎます



さっそく予想を振り返ります。


オークス

ただ単にアーモンドアイの強さが目立ったレースになりました。
3冠は間違いないでしょう。逆転できる力を持っている馬が現時点ではいません。


◎アーモンドアイ 1着
あの位置取りはルメール騎手だからできたことです。おそらく後方からでもこの馬なら勝っていたでしょう。海外に行ってもらいたいですね。


〇マウレア 5着
この馬が逆転すると思っていました。武豊騎手によると距離が長かったようです。


▲ラッキーライラック 3着
予想記事で上がり上位で走らなければ連すら危ういと書きました。結果上がり2位でしたが、同タイムが3頭いました。この馬も距離が長いです。オルフェーヴル産駒は2000mまでがベストなのかもしれません。


最終で印を付けなかったリリーノーブル
1枠1番を上手く使いました。まさかのラッキーライラックより前で競馬するとは川田騎手思い切りましたね。骨折が見つかったみたいで心配です。



★消す人気馬(単勝10倍以内)
サトノワルキューレがしっかり飛んでくれました!

・天皇賞春 ガンコ
・NHKマイル タワーオブロンドン
・Vマイル ミスパンテール
・オークス サトノワルキューレ

・日本ダービー 
        中央競馬ランキング
消すまではわかりませんが最も危険ではないかと思っています。




今週の予定

〇葵S  
久しぶりに予想講座編 で配信しています。

内容
過去の傾向と鞍上、調教師、血統から買える馬を2頭+1頭を配信しています。



〇日本ダービー
ブログで配信します。
ダノンプレミアムの1着はないでしょう。枠が悪いです。



〇目黒記念
おそらくTwitterで配信します。
昨年はヴォルシェーブとハッピーモーメントのワイド1点(20.3倍)で大勝しました。今年も大きいの的中させたいです。

この馬を買うべき↓

最強競馬ブログランキングへ















 


土曜の平安Sはまさかがありましたね
重賞で1,2番人気が両方飛ぶことすら滅多に起きないことですし、ましては断トツの人気ですからね。今日みたいなレース結果はおそらく年1回あるかないかでしょう。

クリノスターオーもテイエムジンソクも逃げようとせず、サンライズソアが逃げる展開になりました。2番手で有力馬が争ってる中、落逃げしていましたから勝って当たり前でした。平安Sは前にいれば好走できるレースです。 

消す人気馬に指名したサンライズソアは最終的に7番人気でしたので「人気していないぞ」と反抗してきたのかな・・・。

消す人気馬は単勝10倍以内の馬を指名していますが、単勝10倍以上になると去年もそうでしたが、かなりの確率で好走してきます。なぜでしょうか。





オークス
アーモンドアイとラッキーライラックの2強対決の勝者はどちらだ!?

この時期になると距離がどうなのか問題が必ず起こります。
ロードカナロア産駒とオルフェーヴル産駒はまだデータが揃っていないのでどの距離なら走れるのかまだはっきりしていません。両馬の現役時代の距離から適正距離を判断すると痛い目に合うかもしれません。


☆両産駒の2000m以上(根幹距離)での成績☆
※当日5番人気以内

ロードカナロア産駒
 12頭中6頭が馬券内
 ⇒その内4頭が上がり上位
 ※他2頭は4角2番手以内

*2400mは1頭のみ出走しており10番人気5着(3着とタイム差なし)


オルフェーヴル産駒
 47頭中18頭が馬券内
 ⇒その内10頭が上がり上位
 ※他8頭は4角2番手以内が6頭、4角3番手以降が2頭(共に3着)

*2400mは1頭のみ出走しており3番人気3着(4角1番手)

ちなみに馬券外の29頭中27頭が当日上がり4位以下


両馬の産駒だけで見ればロードカナロア産駒の方が適正が高いと言えます。ラッキーライラックは4角2番手以内ではないので上がり上位で走らなければ連対すら危うい結果になるかもしれない。ただ、前走あの枠順にあの位置から2着に粘っているのでこの馬は例外と考えるのが良い。


オークスはどのような馬が勝つのか!?

過去10年(良馬場)の勝ち馬の特徴
上がり1位が5勝、上がり3位が2勝

勝ち馬が上がり3位の2年は2017年と2014年
2017年は過去10年で最もSペースで、4角2番手のソウルスターリングが勝った年です。過去20年良馬場の年で4角2番手の馬が上がり上位で走れた年は2017年だけです。ちなみに2着のモズカッチャンは4角5番手で上がり上位でしたが、これも2017年だけです。

2014年は上がり1位のハープスターがクビ差の2着なので立ち回り次第では。

まとめると勝ち馬は上がり1位で走れる馬が最有力


私はアーモンドアイ>ラッキーライラックと予想します。



☆好走馬の傾向☆

・前走桜花賞 8-5-5-
⇒3番人気以内、3着以内、大外枠で凡走

・前走フローラS 1-4-4-
⇒特に好走傾向はないですが、4角10番手以降で好走した馬はすべて飛んでいます。

※1頭のみ4角10番手以降で好走した馬がいますが、フローラSは5着に終わり、オークス当日は前目で競馬をしていました。

・前走条件戦は1頭も好走していない


・前走から騎手乗り替わり 3頭
⇒3頭とも関東馬(日本人から日本人は1頭)


ここまでで残った馬
リリーノーブル、ラッキーライラック、マウレア、パイオニアバイオ、アーモンドアイ

個人的な強さ順に並べるなら
ラッキーライラック>マウレア>リリーノーブル
※この枠順ならマウレアの方が上

強さ抜きでオークスに合っている順
マウレア>ラッキーライラック>リリーノーブル

リリーノーブルは一番距離に不安を感じ、今の馬場にも合わないと思われます。合わないと言いますか、東京が合わない可能性が高いです。


パイオニアバイオの取り扱いに悩まされています。前走はフローラSかつSペースの条件が揃っていたので推奨しましたが、今回はオークスです。前走は実は強くて好走した可能性はあるかもしれませんが、私はそう思いません。余裕がある人は人気がないので印を入れてもいいかもしれません。




最終予想

◎13アーモンドアイ
ルメール騎手の自信がすごい

〇3マウレア
ラッキーライラックより力はないですが、距離から逆転してもおかしくない

▲2ラッキーライラック
石橋騎手次第ですね



個人的に新潟11Rの芝1000mが楽しみです。
みなさん的中して気分良く来週迎えましょう!!














このレースは荒れません。
過去の傾向から何度も好走馬をチェックしたり、レース展開を予想しても人気薄が好走するイメージが湧かないです。馬場の荒れ次第で荒れ馬場を得意としている馬が好走する可能性はあるかもしれませんが、厳しいでしょう。


過去5年間 (1900m)

☆枠順の傾向☆
・馬番半分より外 7頭
⇒「4角2,1,2,2,4,2,3」なので最低でも4角4番手以内が絶対条件

※連対するには4角2番手いないが必要

・4角5番手以降はすべて馬番半分より内であった


☆血統の傾向☆
馬券内の12頭に父もしくは母父がミスプロ系だった

※ミスプロ系でない馬は当日1,5,7番人気なので低人気馬は厳しい(2頭以上絡んだ年はない)

※二桁人気は父サンデー系×母父ミスプロ系



ここまで残った馬
ミツバ、クリノスターオー、テイエムジンソク、グレイトパール、サンライズソア、クイーンマンボ


見事に上位人気馬がすべて残りました。
こんなレース買えませんよね。
回収率低くても勝てれば良しの方には最高のレースになるのかもしれません。


☆父もしくは母父がミスプロ系☆
クリノスターオー、テイエムジンソク、グレイトパール

この時点でこの3頭の中から2頭または3頭好走することが過去の傾向からわかります。


☆馬番半分より外の馬☆
サンライズソア、クイーンマンボ

上記にも書いた通り連対するには4角2番手以内が必要条件となります。
他の馬の脚質を考えるとこの条件に該当しない確率の方が高いです。


☆掲示板内の馬はすべて体重490キロ以上☆
クリノスターオー、テイエムジンソク、グレイトパール、サンライズソア、クイーンマンボ

ミツバのみ条件に該当していません。買いたい馬ですが、どうでしょうか。




最終予想

◎5テイエムジンソク
枠順的に2番手だろう。逃げの可能性もある。このレースは前にいれば力がなくてもなんとかなります。力があり、前で競馬できるのでこちらを1番手評価にしました。

〇6グレイトパール
前走や前年のように3コーナーらへんから動いてくる競馬でしょう。テイエムジンソクを捉えれるかどうかのレースです。

▲14クイーンマンボ
枠順的にルメール騎手が前に行かず中段で控えたら厳しくなるだろう。

 1ミツバ
体重の傾向を無視する方は印入れるべきです。ただ、前走のような競馬をしなければ取りこぼす可能性が高い。今回はグレイトパールより内なので前走より厳しい競馬となる。

 3クリノスターオー
過去3年連続馬券内があります。前年はこの馬にとって厳しい位置になったこともあり凡走している。今年はスタートが決まれば枠順的にもすんなり逃げれそう。▲の中でこの馬が最も面白い。




最強競馬ブログランキングへ


オークス危険な人気馬掲載中↓

中央競馬ランキング







このページのトップヘ