狙うぞ万馬券!<重賞予想>

2018年12月


お疲れ様です。
阪神カップは過去の傾向から予想する人には辛い結果でした。
当日、血統予想されている方は大勝ちしたと思います。

雨の日は怖いですね。




〇2018年 消す人気馬の成績 〇

2消す人気馬

愛読者さんならこのすごさがわかると思います。
予想段階前に危険な人気馬としてブログランキングに掲載してきました。

29頭中26頭が凡走しました。

単勝10倍以内であると26頭中25頭が凡走しました。
唯一、糞レース化してしまうドSペースになった中山記念だけ失敗になってます。


そして、今年最後になる消す人気馬を阪神Cの予想記事に掲載しました。

まだ見ていない方は↓に掲載しています。


中央競馬ランキング





〇 有馬記念 〇
ペース次第と枠順で好走馬が変わるレースになっています。

過去どのような有馬記念があったのか?

①近4年の緩いペースからの前残り

②2011年の超SペースからのL3F勝負

③2013,2012,2009,2008の持久力勝負


今年の逃げ馬はキセキ。内枠に先行馬が揃ったので、この枠なら間違いなくハナを切るだろう。

2番手以降はオジュウチョウサンやクリンチャー、モズカッチャン、パフォーマプロミス、ミッキーロケットが続くだろう。

誰もがわかっているが、キセキの逃げは独特です。タイムこそSペースの数値になっていますが、持久力勝負に持ち込む逃げをしている。さらに上記に挙げた2番手以降の馬も持久力勝負を好む馬なので、緩いペースにはならないだろう。

鞍上のコメントで福永騎手と武豊騎手が「逃げもある」、川田騎手が「持久力勝負」と言っています。これで今年はどの有馬記念になるかはっきりしました。


”今年は緩いレースにならない、持久力勝負の年”と予想します。


●持久力勝負になった年の好走馬の血統

2008年
1着馬 ノーザンテースト持ち(1番人気)
2着馬 トニービン持ち(14番人気)
3着馬 ノーザンテースト持ち(10番人気)
4着馬 ノーザンテースト持ち(7番人気)
5着馬 ノーザンテースト持ち(3番人気)

2009年
1着馬 ノーザンテースト持ち(2番人気)
2着馬 ブエナビスタ(馬番2)1番人気
3着馬 ノーザンテースト持ち(11番人気)
4着馬 ノーザンテースト持ち(4番人気)
5着馬 ノーザンテースト持ち(12番人気)

2012年
1着馬 ノーザンテースト持ち(1番人気)
2着馬 ノーザンテースト持ち(10番人気)
3着馬 トニービン持ち(2番人気)
↓1と2分の1馬身差
4着馬 (馬番2)3番人気
5着馬 ノーザンテースト持ち(7番人気)

2013年
1着馬 ノーザンテースト持ち(1番人気)
2着馬 トニービン持ち(4番人気)
3着馬 ノーザンテースト持ち(2番人気)
↓2と2分の1馬身差
4着馬 (馬番11)
5着馬 ノーザンテースト持ち(16番人気)

あまり血統に詳しくないですが、この2つの血統はこのような持久力のレースに強い傾向があるみたいです。スタミナが必要になってきますからね。


ちなみに同コースで開催されている日経賞も調べてみました。
2018年
1着馬 ノーザンテースト持ち(3番人気)
2着馬 トニービン持ち(7番人気)
3着馬 ノーザンテースト持ち(6番人気)

2017年
2着馬 ノーザンテースト持ち(7番人気)
3着馬 トニービン持ち(6番人気)

2010年
1着馬 ノーザンテースト持ち(6番人気)
2着馬 ノーザンテースト持ち(4番人気)

G2となると、2つの血統をもっていなくても好走する可能性が高くなっていますね。



今年、この2つの血統を持っている馬
・ノーザンテースト
オジュウチョウサン、パフォーマプロミス、ミッキースワロー、キセキ、サクラアンプルール

・トニービン
ミッキースワロー、キセキ、シュヴァルグラン


まず絶望枠の馬番15,16のサクラアンプルールとシュヴァルグランは年齢的にも今年が勝ち負けできる最後の年だったのに・・・。

オジュウチョウサンは夢馬券にでも。


残ったこの3頭
パフォーマプロミス、ミッキースワロー、キセキ


あとは2009年のブエナビスタのような馬が出てくる可能性もあります。

なぜ好走できたのか?
①化け物だった
②3歳馬の斤量
③内枠

この3点からモズカッチャン、ブラストワンピースを追加します。



☆二桁馬番で好走☆
過去20年で16頭のみ

勝ち馬 3頭
2016年 4角3番手
2008年 4角1番手
2003年 4角2番手

⇒すべて1番人気で4角3番手以内かつ上がり3位以内でした

後ろから捲って勝った馬はオルフェーブルとグラスワンダーのみ。

キセキは根性で粘るタイプなので上がり3位以内に入れる馬ではない。


・好走馬16頭中9頭に3000m以上で上がり1位があった
キセキ、シュヴァルグラン

・残りの7頭中4頭に同コースで上がり1位があった
サクラアンプルール

・残り3頭の内1頭はリピーター
シュヴァルグラン

・残った2頭は3着馬
ミッキースワロー


最終予想

◎5パフォームプロミス
前走適正的に凡走すると思っていました。かなり強くなっていますね。今回の方が断然この馬に合っています。

〇14キセキ
日経賞はめちゃくちゃな競馬、宝塚記念は好走条件該当してなかった。別に右回りがダメで左が得意は訳でもない。4戦目が気になりますが、菊花賞も4戦目でしっかり走っている。

△10ミッキースワロー
持久力勝負になれば後ろも届く傾向になっている。中山は一番合うかつ前走見る限りスタミナお化けの可能性が高い。


×3モズカッチャン
2500mは少し長いみたい。持久力は厳しいかもしれないが、調教が良い

8ブラストワンピース
前走から距離短縮になるが、今年の菊花賞は実質ラスト400m勝負になった。馬は走る距離を知らないので短縮に感じるほどのレースにならないような気もします。


当日の馬場や気持ち次第で×の2頭をクリンチャーに変えるかもしれないので、Twitterのチェックお願いします。
























お疲れ様です。
平成最後の阪神カップと有馬記念は大荒れになるのではないかと思っています。


先週のターコイズSの的中報告がありました!!
DM
 
とりあえず3連係の的中者がいて安心しました。
10点になりましたが、1000倍は羨ましいですね





2017年3連単24,440円指数1位-2位-4位
2016年3連単80,280円指数6位-1位-5位
2015年3連単49,650円指数1位-7位-16位
去年はダンスディレクタ7番人気が指数2位で3連単的中。平均配当高めの阪神カップ



17年16年は指数推奨上位6頭で的中。6頭BOX購入でも回収率200%いってるので、
もしかしたら今年も中位人気が指数6位内にいたら、これまた200%超えかも。
阪神カップの指数を見る


〇 阪神カップ 〇

過去12年間で前傾ラップが10回、後傾ラップが2回です。

今年は必ず逃げたい馬はいないが、逃げる可能性があるダイアナヘイロー、レームミノル、べステンダンクは過去に逃げているがSペースではない。鞍上も考慮しても上手く逃げれる程の腕はないだろう。

仮に後傾ラップになれば、逃げた馬はかなりの確率で3着以内になります。
(逃げ馬が好走した年は後傾ラップの2年だけ)

今年も後傾ラップはないだろうが、敢えて可能性を挙げるなら、ラインスピリットが逃げた時くらい。


さっそく過去の好走条件を書いていきます。


①体重500以上の馬:16頭

・前走から距離延長:4頭
2016年 1着馬 馬番2
2015年 3着馬 馬番1
2009年 2着馬 馬番13
2008年 1着馬 馬番3

※体重500以上の馬で距離延長で勝つなら2枠以内かつ先行できる馬のみ


②体重500未満の馬:20頭

・前走から距離延長:4頭
2017年 2着馬 
2015年 2着馬 
2014年 2着馬 
2008年 2着馬 

※こちらも距離延長は厳しい成績になっています。この4頭の共通点は同コースで勝ち鞍があったくらいですが、どうでしょうか。


③前走OPは同距離以上が必須:4頭

やはり延長組は厳しい結果になっているので前走OPからの挑戦で好走することは不可能なのか。


④前走G3は掲示板以内:5頭

定量戦なので、G3でも結果が出ない馬は当然無理でしょう


⑤牝馬は斤量55を背負って1400mの重賞で好走ありが必須か:2頭

4歳馬以上かつ当日10番人気以内の馬
成績 0-1-1-10

5着以内ですら5頭です。その内4頭が1400mの重賞で好走ありでした。

もちろん当日3番人気以内も3頭いましたが、斤量55で1400mの重賞の実績がなかったため凡走しています。


ここまで残った馬

・体重500以上
距離同以上
4ヒルノデイバロー、5スターオブペルシャ、10サトノアレス、

距離延長
6ムーンクエイク

・体重500未満
距離同以上
2ミスターメロディ、13ケイアイノーテック

距離延長
9ラインスピリット、11レッドファルクス



次に、好走馬の血統を見てみよう。

・父ノーザンダンサー系の馬は2006年1着馬以来好走がない。芝改修後の2007年からは1頭も好走なしです。

・父ミスプロ系の馬は3頭のみ好走。3頭とも母父サンデー系でした。

・阪神1400mで好走率が良いダイワメジャー産駒は阪神カップになると好走(0-1-1-10)できなくなる。好走した2頭は時計が速い年。


仮に上記の3点の該当馬を消したら、この4頭が残ります。
4ヒルノデイバロー、10サトノアレス、11レッドファルクス、13ケイアイノーテック


最終予想

◎13ケイアイノーテック
前走は内有利だったので度外視。阪神とコーナー2つは強い競馬をする。


〇4ヒルノデイバロー
1200mでは上がりが速いレースが良く、1400mでは上がりがかかるレースが良い。あとはどのくらい雨が降るかどうかで好走率が上がります。消す予定だった人は100円でも抑えるべき。


△10サトノアレス
休み明けはいい方。あとは届くかどうかだけ


×11レッドファルクス
同コースで勝ち鞍はないが、阪急杯は一番強かった。種牡馬が内定しているので無理をさせない可能性がある。ラストランなので応援。



有馬記念消す人気馬↓

中央競馬ランキング



金曜日の時点での有馬記念軸馬↓

最強競馬ブログランキングへ







お疲れ様です。
いやぁー、非常に惜しかったですね。

☆ターコイズS☆
※予想講座編のみで配信

ミス
 
当然のように圧勝しました。単勝9.9倍は付きすぎです。

〇フロンテアクイーン(4着)
△カワキタエンカ(14着)
×ディメンシオン(5着)

ここまでなら朝日杯FSは的中させるぞ!となるんですよね・・・。


プリモシーン、フローレスマジック、ハーレムラインは登録した段階で凡走は決まっていました。


その理由は、こちらをご覧ください。

血統
ある傾向からこの6頭で決着することはレース前からわかっていたのです。
しかし、好走条件該当馬の上記4頭のみに印をつけました。



購読者さんで◎から全頭流しされた方がいれば的中報告お願いします。

3連複でも1317倍、3連単なら6901倍なので1人でも的中者がいれば嬉しいです。


☆タンザナイトS☆

Hペースになろうが、前にいる馬を狙え!!と書きました。


Hペースになりましたが、予想通り前にいる馬だけで決着しましたね。

予想が外れたのは好走した2頭が思ってたより前にいたこと。





〇 朝日杯FS 〇

週中に配信しました今年の傾向です。

1着馬グランアレグリアの相手を探すレースになっています。
ここで嫌ってる人は桜花賞でアーモンドアイではなくラッキーライラックにした人でしょう。


過去の決着を見ると、
低人気馬も好走する時があるが、なぜこのような馬が走るのか。

1着馬の戦歴

ああああ


2着馬の戦歴

いいいい
※2014年の前走は黄色⇒オレンジ色です。

3着馬の戦歴

ううううう

勘が良い人はこれだけで狙うべき馬がわかると思います。
と言いますが、昨年も同様に配信しました。


黄色は斤量55で勝ったレース

好走馬12頭中10頭が斤量55で勝っていました。
やはり朝日杯では55キロを背負うので最低限の条件になっています。


オレンジ色は斤量55で重賞を3着以内

重賞で好走があればなんとかやれます。


※ここ10年間でもこの2点に該当していない馬の好走例はなし


ここまでの該当馬(※前走未勝利とダートは除く)

グランアレグリア(牝馬)、ドゴール、マイネルサーパス、アドマイヤマーズ、ニホンピロヘンソン、ファンダジスト


ポイント1 距離短縮は厳しい

阪神開催になってからは2015年の1着馬(前走新馬戦)のみ。もちろん札幌2歳Sの勝ち馬やOPで好走した馬も出走していましたが、厳しい結果になっています。中山開催時でも距離短縮は前走重賞のみでした。


ポイント2 好走条件該当馬の関西馬は狙える

好走条件該当馬は過去4年で4頭いましたが、その内3頭が好走しています。


ポイント3 斤量55かつ重賞で上がり1位がある馬を狙え

該当馬が5頭いましたが、その内4頭が好走しています。
凡走の1頭は2014年の4角⑱にいた馬です。レース映像を見てください。


この3点で何が言いたいのかと言うと、ドゴールは買うべき馬です。
もし出遅れ4角⑮になったら諦めます。



最終予想

◎2グランアレグリア
2歳馬も牝馬が強いと言えるくらい圧勝してほしい。


〇5ドゴール
不安は出遅れて4角⑮になることだけ。最後尾にならなければやれる。


△6アドマイヤアーズ
朝日杯FSはデムーロ騎手を買え。


上記の3頭で良さそうな感じがします。

他に買い目にいれるなら、
5マイネルサーパス:1800mで上がり1位があるのは良い

13ニホンピロヘンソン:距離延長は中山時代も合わせて前走東京1400mのみ

14ファンタジスト:鞍上がこのレースの勝ち方を知らないみたい

15エメラルファイト:斤量55でOP好走している馬は惜しいとこまで走っている。そろそろ好走してもおかしくないか



一番怖いのは天気。どのくらい降るのか。








お疲れ様です。
今回は朝日杯FSではなく、土曜日のメインレースを配信します。


昨年は”神ってる”かのように推奨馬が好走してくれました。 


ターコイズS

このレースは荒れる!!3連係は諦めて、馬複かワイドで大勝しろ!!

オープン時代も合わせて過去12年間の3連複平均配当71960円です。3連単ではなく3連複ですよ。2015年を抜いてもかなりの配当になっています。


ただ、狙える馬は簡単に見つかります。
ポイントは勢いがある馬ほど狙ってはいけない。


2017年 ターコイズS
ターコイズS

1着 ミスパンテール(5番人気)
2着 フロンテアクイーン(3番人気)
3着 デンコウアンジュ(7番人気)

昨年は完璧すぎました!購読者さんの中には帯まで届いた人もいました!!


さあ、今年のメンバーを見てみると・・・
1頭だけ反則級の馬がいますが、今年も荒れるぞぉぉお


A:反則級の馬掲載中↓

中央競馬ランキング

他の好走条件該当馬は去年と同様に予想講座編のみで配信します。
※予想は最下部に記載しています。更新後、通知が来ますのでよろしくお願いします



タンザナイトS
阪神芝1200mなってから今年で2年目になります。
過去の傾向はないのでこのコースに合う馬を選びましょう。


2017年 タンザナイトS
タンザナイトS

1着 ミッキーラブソング(9番人気)
2着 ラインスピリット(5番人気)
5着 アットザシーサイド(2番人気)

こちらもほぼ完璧でした!3連係もほしかった。



今年は逃げ馬候補が何頭かいますね。
昨年逃げ残ったアクティブミノル、逃げて好走しているオールインワン、3走前酒井騎手で逃げて勝ったツーエムマイスター

ペースが速くなる可能性があります。
それなら差し追い込み馬を買えばいいと思っていませんか?

”いいえ、前に行く馬だけを狙いましょう”


昨年は(34.7-34.1)で4角④②①の順でした。
普通のペースなら前半34秒台になります。

☆近年の阪神芝1200mで前半33秒台もしくはHペースになったレース☆
※1600万下以上のレースのみ

・15頭立て(33.3-35.5)4角⑥①⑭
・13頭立て(33.1-34.0)4角③③②
・13頭立て(33.1-34.5)4角①⑤③
・14頭立て(33.3-35.1)4角②⑦⑦
・15頭立て(32.9-34.5)4角④②⑧
・12頭立て(34.0-35.3)4角⑥③②

このようによほどの前傾ラップ(1.5s以上)にならない限り、後ろは用無しになっています。


今回の開催でも3レース行われましたが、4角5番手以内が8頭いました。ちなみに3レースとも逃げ馬が好走しています。


逃げ候補のアクティブミノル、オールインワン、ツーエムマイスター

番手のコウエイタケル、ライトフェアリー、エントリーチケット


結局逃げ馬は豊さんのアクティブミノルになりそう。そうなったら争う騎手はいないので、前かつ内で足を溜められる馬を優先したい。


◎8コウエイタケル
セントウルS後の小牧騎手「良馬場なら勝っていたと思います」。今回は斤量減かつ良馬場かつOPなので、勝って当たり前ですよね?

〇3アクティブミノル
逃げることを信じて2番手に。ダートや苦手なラップでの凡走が続いてるが、阪神ならそれはない。

△2エントリーチケット
枠と鞍上が良い。最後まで頑張ってくれる。

×9オールインワン
アドマイヤムーン産駒はこのコースで最も相性が良い。同馬は阪神芝1200mはすべて好走している。





お疲れ様です。
去年に続いて完全的中ならず・・・。


hannsinn


みなさんも「普通に乗っていたら勝っていた」とこう感じたはずです。
まず①超出遅れ ②4コーナーでダノンファンタジーに弾き飛ばされた

どちらかだけなら普通に勝っていたが、これが競馬。負けは負けですね。


シェーングランツは枠順がすべてでした。
馬番4じゃなければ3着はありました。何度も詰まっていましたが、これは鞍上の問題ではなく、そういうレースだからです。だから内枠の追い込み馬は好走が一度も出ていない。


感想
5着から8着くらいまでは直線内を走っていた馬なので外を走った上位4頭は抜けて強かったと感じました。実質上位人気の3頭立てだったので、着順も当てたかったです。まだまだ力不足だと感じました。

読者さんから「1点で的中しました!すごいです!!」と言われましたが、的中したことは嬉しいですが、これでは喜べない。私は甘い予想家にはなりたくないです。

朝日杯FSでは完璧と言われるように頑張ります!!


PR)指数で朝日杯を狙いませんか?

皆さま!今週末は、朝日杯フューチュリティーSですよ。
あの2頭が人気なので注目してみましょう。



2頭の前走のレースの指数を見てみると、
どちらも指数順位1位に推奨していて3連単を的中させてました!
しかも、しっかりと万馬券の配当を手にしてます。

たまには指数予想もいいかもしれませんよ?
⇒今すぐ指数を検証しに行く!(無料)

コチラは昨年の「朝日杯フューチュリティーS」の指数及び結果です。



1着:ダノンプレミアム  指数順位1位/コラボ指数9
2着:ステルヴィオ    指数順位3位/コラボ指数17
3着:タワーオブロンドン 指数順位1位/コラボ指数9

この指数サイトは、指数順位1位~6位までを推奨しています。
3連単の6頭ボックスを購入していた場合…
先週の土日で72レース中、36レースを的中させてます!
2レースに1回は3連単が当たってることになります。



● 朝日杯FS ●

2017年の傾向⇒2017年の傾向

昨年はこの4頭が最終で残りました。
タワーオブロンドン、ダノンプレミアム、ダノンスマッシュ、ステルヴィオ

上位人気が残ってしまう年は予想は簡単ですが、馬券を買いたいと思えませんね。

2016年のように低人気馬も残るような年を期待したい。


今年も昨年と同様に好走条件から絞ったところ・・・
グランアレグリアを含む5頭が残りました。

その中に面白い1頭が残っていました。

面白い1頭掲載中↓

中央競馬ランキング


さて、大本命のグランアレグリアは大丈夫なのか??

結論から言うと”大丈夫です、圧勝します”です。

2016年にミスエルテが1番人気で4着でしたが、この馬と違う点が2点あります。

①血統 
⇒父フランケル産駒に対して、こちらは父ディープ産駒

②距離
⇒前走の距離は1400mに対して、こちらは1600m

やはり同距離からの好走が目立っており、さらに父ディープ産駒は好成績です。

父ディープ産駒が出走した年は毎年勝っています。
今年のディープ産駒はグランアレグリアのみです。

ルメール騎手ですので、しっかり勝ってくれるでしょう!!

あとは相手探しですね。
対抗馬はすでに決めていますので、それは週末に発表します。


危険な人気馬↓

最強競馬ブログランキングへ


このページのトップヘ