狙うぞ万馬券!<重賞予想>

2018年12月


お疲れ様です。
去年に続いて完全的中ならず・・・。


hannsinn


みなさんも「普通に乗っていたら勝っていた」とこう感じたはずです。
まず①超出遅れ ②4コーナーでダノンファンタジーに弾き飛ばされた

どちらかだけなら普通に勝っていたが、これが競馬。負けは負けですね。


シェーングランツは枠順がすべてでした。
馬番4じゃなければ3着はありました。何度も詰まっていましたが、これは鞍上の問題ではなく、そういうレースだからです。だから内枠の追い込み馬は好走が一度も出ていない。


感想
5着から8着くらいまでは直線内を走っていた馬なので外を走った上位4頭は抜けて強かったと感じました。実質上位人気の3頭立てだったので、着順も当てたかったです。まだまだ力不足だと感じました。

読者さんから「1点で的中しました!すごいです!!」と言われましたが、的中したことは嬉しいですが、これでは喜べない。私は甘い予想家にはなりたくないです。

朝日杯FSでは完璧と言われるように頑張ります!!


PR)指数で朝日杯を狙いませんか?

皆さま!今週末は、朝日杯フューチュリティーSですよ。
あの2頭が人気なので注目してみましょう。



2頭の前走のレースの指数を見てみると、
どちらも指数順位1位に推奨していて3連単を的中させてました!
しかも、しっかりと万馬券の配当を手にしてます。

たまには指数予想もいいかもしれませんよ?
⇒今すぐ指数を検証しに行く!(無料)

コチラは昨年の「朝日杯フューチュリティーS」の指数及び結果です。



1着:ダノンプレミアム  指数順位1位/コラボ指数9
2着:ステルヴィオ    指数順位3位/コラボ指数17
3着:タワーオブロンドン 指数順位1位/コラボ指数9

この指数サイトは、指数順位1位~6位までを推奨しています。
3連単の6頭ボックスを購入していた場合…
先週の土日で72レース中、36レースを的中させてます!
2レースに1回は3連単が当たってることになります。



● 朝日杯FS ●

2017年の傾向⇒2017年の傾向

昨年はこの4頭が最終で残りました。
タワーオブロンドン、ダノンプレミアム、ダノンスマッシュ、ステルヴィオ

上位人気が残ってしまう年は予想は簡単ですが、馬券を買いたいと思えませんね。

2016年のように低人気馬も残るような年を期待したい。


今年も昨年と同様に好走条件から絞ったところ・・・
グランアレグリアを含む5頭が残りました。

その中に面白い1頭が残っていました。

面白い1頭掲載中↓

中央競馬ランキング


さて、大本命のグランアレグリアは大丈夫なのか??

結論から言うと”大丈夫です、圧勝します”です。

2016年にミスエルテが1番人気で4着でしたが、この馬と違う点が2点あります。

①血統 
⇒父フランケル産駒に対して、こちらは父ディープ産駒

②距離
⇒前走の距離は1400mに対して、こちらは1600m

やはり同距離からの好走が目立っており、さらに父ディープ産駒は好成績です。

父ディープ産駒が出走した年は毎年勝っています。
今年のディープ産駒はグランアレグリアのみです。

ルメール騎手ですので、しっかり勝ってくれるでしょう!!

あとは相手探しですね。
対抗馬はすでに決めていますので、それは週末に発表します。


危険な人気馬↓

最強競馬ブログランキングへ



お疲れ様です。
先週のチャンピオンズカップは直線入ったとこで”取った!!”と思いました。このコースで最も好走ができる競馬をしたウェスタールンドが内からスルスルと・・・。

要はウェスタールンドが強かったのではなく、あの場所を通ったから好走したのです。例えば5,6,7着の追い込み馬が同じ競馬をしていたら2着争いをしていた。

一か八かの勝負に出た騎手の差ですかね。


感想
一番強い馬が理想の位置取りができたら他の馬はお手上げです。
レース後に感じた強い馬は3着サンライズソア。モレイラ騎手はこのコースが苦手と誰かの記事で見ました。やはりコースをわかっていない騎乗でした。最終コーナーで外ぶん回しは絶対にしてはいけないです。


阪神ジュベナイルF に準備万端なコラボ指数。
キーワードは指数値30以下!

指数値30以下は重賞強い!

先週のチャンピオンズCも30以下の馬が全部馬券!
1着ルヴァンスレーヴ指数値(29
2着ウェスタ―ルンド指数値(28
3着サンライズソア 指数値(28
※低い数値が一番確率高い馬です。※指数値30以下が馬券になる推奨馬。

エリザベス女王杯の1着2着3着の指数値も09-29-21でした。
マイルCS(29-16-14)天皇賞秋(11-21-20)
毎日王冠(18-16-19)神戸新聞杯(08-13-22)
穴馬を指数30以下で拾いつつ、6頭BOXでもうまくプラスにもってきてるんです。
 
小倉記念~チャンピオンズCまでの無料提供重賞で指数30以下が馬券率高!
毎週重賞1レース無料公開してるコラボ指数。
小倉記念~チャンピオンズCまでの18レースで
馬券になる54頭中、指数値30以下の推奨馬の入線は45頭。

阪神JFの各馬指数値を見る(無料)



● 阪神JF ●

昨年、覚えてる方もいると思います。
3連単1点勝負をしました。

昨年の傾向⇒2017年の傾向

昨年の予想⇒2017年の予想


1着 ロックディスタンス(9着)
2着 ラッキーライラック(1着)
3着 リリーノーブル(2着)
4着 マウレア(3着)
5着 モルトアレグロ(5着)


前代未聞の着順予想をしました。

いやぁー、完璧の予想になってほしかったですよ。

ロックディスタンスはかなりイレ込んでいたかつ馬番18で4角3番手が敗因だったと思います。


今年こそ3連単1点だ!!!!



1着馬の傾向

2018年 阪神JF

●黄色は芝1600m以上で上がり1位かつ1着
●2013年以外は単勝10倍以内(2013年の勝ち馬は重賞勝ち)
●右回り経験あり9頭、ない2頭は外回り経験あり
●1度でも乗り替わりがある馬は前走重賞勝ち

※2007と2011は芝1600m以上で上がり1位かつ1着の該当馬が1頭ずついたが、好走条件に該当していなかった。


この4点をクリアした馬
シェーングランツ、クロノジェネシス


2着馬の傾向

2018年 阪神JF ②

●黄色は芝1600m以上で上がり1位かつ1着or青色は重賞で上がり1位
●右回り経験あり10頭、ない1頭は外回り経験あり
●OP以上で連対あり8頭

※2012年は大荒れの年。このような馬が来たら諦めです。

この3点をクリアした馬
ビーチサンバ、ダノンファンタジー


3着馬の傾向

2018年 阪神JF ③

やはり3着馬になると条件が緩くなっていますね。

●黄色は芝1600m以上で上がり1位かつ1着or青色は重賞で上がり1位
●上記に該当しない馬は前走重賞で掲示板内ありが占める

この条件をクリアした馬
ベルスール、メイショウショウブ、ウインゼノビア


※好走条件該当していない馬は除外しています。



ここから枠順の傾向を書いていきます。

昨年も書きましたが、このレースは内枠が厳しい結果になっています。
推測ですが、好走馬のほとんどが差し追い込み馬なので、内枠より外枠の方が直線でいい追い出しができます。

馬番1-4の好走馬を見てみると「4、1,3、1,4,5、4,3番人気」と上位に支持された強い馬しか好走していません。1頭を除けば単勝10倍以内でした。


”4角10番手以降は外枠が絶対条件”
過去の好走馬の馬番は「18,11,16、11,10,10、13,11,18,15、13,9,9」でした。やはり上手く直線勝負ができる外枠でなければならないようです。


ここで整理してみましょう。

1着 クロノジェネシス
2着 ビーチサンバ、ダノンファンタジー
3着 メイショウショウブ、ウインゼノビア

とりあえず5頭まで絞れました。さあ、勝負の選択です・・・。


最終予想

1着 9クロノジェネシス
この枠なら何も焦ることがない。普通に乗ったら勝てる。

2着 11ビーチサンバ
やはり前走アルテミスSは良い。今年は福永騎手×友道調教師×金子オーナーの年でしょ。

3着 13ダノンファンタジー
上2頭には劣るも、やはりここでも上位。

4着 5メイショウショウブ
前走の内容は良い。デイリー杯2歳とファンタジーSのレースレベルがわからない。3着ありそうななさそうな・・・。




● カペラS ●

おまけ程度に書きます。

・7歳馬以上:3頭
⇒3頭とも4角10番手以降の上がり3位以内
⇒2頭がリピーター
⇒残り1頭は3着

・前走から距離短縮:22頭
⇒前走1200mは1-4-3-71と複勝率10.1%

・牝馬:2頭
⇒2頭とも混合の重賞で好走あり

・1200m勝ちなしは3頭のみ
⇒3頭とも前走武蔵野Sで距離短縮

・3歳馬:1頭
⇒昨年の1頭のみ。昨年は1分11秒台のかなり遅いタイム。今年は1分9秒台もある。


ここまで残った馬
キタサンミカヅキ、タテヤマ、オールドベイリー、ダノングッド、サイタスリーレッド、オウケンビリーヴ、


軸馬掲載中↓

最強競馬ブログランキングへ

この馬しかいないでしょ。すべてにおいてベスト。これで負けたらかなり叩かれそうだな。

面白い馬掲載中↓

中央競馬ランキング

鞍上がアレじゃなかったら対抗でした。なんでこの騎手なのか。







お疲れ様です。
先週は外出の為、携帯電話から更新をする予定でしたが、通信制限に引っ掛かってしまい更新ができませんでした。申し訳ないです。

ジャパンカップについてはキセキを勝たせるための馬場にしてありましたね。それを簡単に差しきる歴史的名馬がいました。



小倉記念~ジャパンカップまでの無料提供重賞17レース51頭中、
42頭がコラボ指数30以下の馬。毎週気になりますね。
今週の無料提供重賞は「チャンピオンズカップ
当日会員内〔北条のブログ〕で赤枠内コラボ指数、指数値が公開。
メール登録のみでコラボ指数見れます(無料)⇒コチラ





● チャンピオンズカップ ●

昨年もそうでしたが、中京ダ1800になってから今年で5年目なのでデータが少ないです。

しかし、去年の結果で中京ダ1800ではどの馬を狙うべきかが明白になってきました。

過去4年荒れに荒れまくっています。

このコースは強い馬が好走するのではなく、このコースに合っている馬が好走します。


注目したポイントは
”血統”



☆Vice Regentを持っている馬☆

2017年 着順(人気)
1着馬⑧2着馬①6着馬⑫、8着馬、11着馬、15着馬

2016年
1着馬⑥3着馬⑩、5着馬、12着馬

2015年
1着馬⑫3着馬⑤14着馬④

2014年
3着馬③4着馬⑮、10着馬


※赤色は好走条件に該当している馬です。

好走条件⇒二桁馬番は4角2番手以内、前走国内、前走掲示板外は上位人気

10頭中7頭が好走し、8頭が掲示板内に入っています。
掲示板外の2頭はこのコースでやってはいけない最終コーナーを外から回していた。


今回Vice Regent持ちの馬

アスカノロマン、アポロケンタッキー、アンジュデジール、ミツバ

好走条件該当馬はアポロケンタッキー、アンジュデジール

さらに、色付きの馬はVice Regentの中でもフレンチデピュティの血でした。

今回たった1頭だけこれに該当している馬がいます。

それは”アンジュデジール”です。

この1頭は確実に馬券に入れるべき馬です。
他のコースならいらない、中京ダ1800だから買える馬!!



☆Vice Regentを持っていない馬☆

2017年 3着馬 馬番1
2016年 2着馬 馬番2
2015年 2着馬 馬番1
2014年 1着馬 馬番8(4角2番手)
2014年 2着馬 馬番4

2014年以外は毎年1頭のみ好走しています。
勘が良い人は共通点が分かるはずですね。5頭中4頭が馬番4より内の馬です。
先ほども書きましたが、このコースは如何に内で走れるかが好走に繋がってきます。

馬番2ルヴァンスレーヴ、馬番8ケイティブレイブ、馬番9サンライズソア



最終予想

◎1アンジュデジュール
普通の牝馬ならいらない。ただこの血統は絶対に買い。牝馬で唯一好走したサンビスタはこの血統でした。

〇2ルヴァンスレーヴ
2015年の武豊騎手が怒った年以外は後ろからの馬は毎年1頭しか好走していない。それならこの馬が1番であると判断しました。

△4アポロケンタッキー
2016年は馬番14から5着。2017年は馬番15も取り消し。今年はやっといい枠に。臨戦ほど好成績になるこの馬にとってこのローテは良。


×8.9
◎と△を低人気にしているから2頭抑えても悪くない。





 

このページのトップヘ