お疲れさまです。
4週連続G1開催の1つ目が終わりました
最近の重賞は過去のデータよりも展開、馬場傾向が大きく結果に出ていると感じています




日経賞
展開予想では逃げロードヴァンドールに2番手ガンコのスローペースで、3着には上がり最速がとイメージしていました。

結果的には逆の位置になりましたが特に問題はなかったです。
あの馬が来るまでは。ルメール騎手は「ペースが遅かったのからポジションを上げたかった」と言っていますが、こんなことが起こると私の予想は厳しくなります。


◎ロードヴァンドール
最終コーナーであの位置にいた時は終わったと思いました。結果的にアタマ差の4着。キセキが前にいたことで外に出したロスが響きました。いつも通り逃げれていたら連は外さなかっただろう。


〇ガンコ
実質逃げたこともあり1着となりました。勝ち馬は展開的にロードかこの馬と考えていたのでよかったです。凡走するまで買えを言ってきていますが天皇賞春まで好走したら本物ですね。


▲キセキ
ルメール騎手でも無茶させたらだめです。次走に響きそうで怖いです。




毎日杯


◎シャルドネゴールド
このレースを選択したことに意味があると予想しました。先行した馬には辛いレースになりました。


〇ギベオン
このメンバーなのでこの着順は普通です。


▲インディキャンプ(3番手評価)
上がり最速でぎりぎり届きました。距離に不安ありましたが、そこまで問題ではないように見えました。



※1着のブラストワンピースは池添騎手が危険な騎乗しましたが強かったですね。



マーチステークス

◎ディアデルレイ
またルメール騎手にやられました。普段あの位置で走らないエピカリスでなぜ逃げ馬を突こうとしたのか。気持ちよく逃げれる展開がほしかったです。


〇センチュリオン
中山1800はこの馬を買えば的中する。このコース以外の重賞で結果が出せるかどうか。


▲ハイランドピーク
言うことはないでしょう。


☆ロワジャルダン
良い位置で競馬してくれました。直線で途中まで前が壁になっていましたが、空いていれば頭まであったと思います。複8.7倍はおいしかったです。





高松宮記念
1分8秒台決着の上がり34秒台のレースに内枠重視と完璧な予想をしたのに・・・。



◎ブリザード
悪くなかったが、1列前にいたことで5着となった。ティータン騎手の騎乗がアレだったと騒がれていますが、レース前からわかっていたこと。また日本の重賞に出てほしい。


〇ファインニードル
力もあり勝ちポジにいたことがこの結果となりました。


〇セイウンコウセイ
展開が向かなかったのと少し勝ちに急ぎすぎた。ただ6着は力がある証拠です。


▲レッドファルクス
3着もむりでしたか。思い切って消すのもよかったかもしれませんね。



☆まとめ☆
ナックビーナス
勝ちポジにいたのがこの結果となった。さらに当日の中京芝はサンデー系の好走が非常に目立っていました。

レッツゴードンキ
勝ちポジ。近走展開に恵まれただけと評価しましたが、これは岩田騎手がその位置で走らせているのかもしれません。いろんな方のレース回顧を拝見していますが、斜行やら岩田騎手の技など様々な意見がありました。同じことをして相手が落馬しなければやったもん勝ちとなり、落馬事故が起きればどうなるのでしょうか。






今週の予定

〇大阪杯  (荒れ度 小)

昨年からG1となり過去の傾向は全く使えない状態となりました。
昨年の上位を調べるとある傾向が見えてきました。
ただ1年だけなのでこの傾向を信じすぎないように考えていきます


現時点でも軸馬↓

最強競馬ブログランキングへ





〇ダービー卿チャレンジ  (荒れ度 大)

マルターズアポジーが出走するので過去の傾向よりもこの馬の逃げるペースに合う馬を選ぶべき。


印に入れるべき馬↓

中央競馬ランキング




騎手の重賞成績
トップジョッキーの芝重賞成績をまとめてみました。
騎手の好走する傾向や信用できるレースを記載しています。
今後参考程度にどうぞ。