土曜の平安Sはまさかがありましたね
重賞で1,2番人気が両方飛ぶことすら滅多に起きないことですし、ましては断トツの人気ですからね。今日みたいなレース結果はおそらく年1回あるかないかでしょう。

クリノスターオーもテイエムジンソクも逃げようとせず、サンライズソアが逃げる展開になりました。2番手で有力馬が争ってる中、落逃げしていましたから勝って当たり前でした。平安Sは前にいれば好走できるレースです。 

消す人気馬に指名したサンライズソアは最終的に7番人気でしたので「人気していないぞ」と反抗してきたのかな・・・。

消す人気馬は単勝10倍以内の馬を指名していますが、単勝10倍以上になると去年もそうでしたが、かなりの確率で好走してきます。なぜでしょうか。





オークス
アーモンドアイとラッキーライラックの2強対決の勝者はどちらだ!?

この時期になると距離がどうなのか問題が必ず起こります。
ロードカナロア産駒とオルフェーヴル産駒はまだデータが揃っていないのでどの距離なら走れるのかまだはっきりしていません。両馬の現役時代の距離から適正距離を判断すると痛い目に合うかもしれません。


☆両産駒の2000m以上(根幹距離)での成績☆
※当日5番人気以内

ロードカナロア産駒
 12頭中6頭が馬券内
 ⇒その内4頭が上がり上位
 ※他2頭は4角2番手以内

*2400mは1頭のみ出走しており10番人気5着(3着とタイム差なし)


オルフェーヴル産駒
 47頭中18頭が馬券内
 ⇒その内10頭が上がり上位
 ※他8頭は4角2番手以内が6頭、4角3番手以降が2頭(共に3着)

*2400mは1頭のみ出走しており3番人気3着(4角1番手)

ちなみに馬券外の29頭中27頭が当日上がり4位以下


両馬の産駒だけで見ればロードカナロア産駒の方が適正が高いと言えます。ラッキーライラックは4角2番手以内ではないので上がり上位で走らなければ連対すら危うい結果になるかもしれない。ただ、前走あの枠順にあの位置から2着に粘っているのでこの馬は例外と考えるのが良い。


オークスはどのような馬が勝つのか!?

過去10年(良馬場)の勝ち馬の特徴
上がり1位が5勝、上がり3位が2勝

勝ち馬が上がり3位の2年は2017年と2014年
2017年は過去10年で最もSペースで、4角2番手のソウルスターリングが勝った年です。過去20年良馬場の年で4角2番手の馬が上がり上位で走れた年は2017年だけです。ちなみに2着のモズカッチャンは4角5番手で上がり上位でしたが、これも2017年だけです。

2014年は上がり1位のハープスターがクビ差の2着なので立ち回り次第では。

まとめると勝ち馬は上がり1位で走れる馬が最有力


私はアーモンドアイ>ラッキーライラックと予想します。



☆好走馬の傾向☆

・前走桜花賞 8-5-5-
⇒3番人気以内、3着以内、大外枠で凡走

・前走フローラS 1-4-4-
⇒特に好走傾向はないですが、4角10番手以降で好走した馬はすべて飛んでいます。

※1頭のみ4角10番手以降で好走した馬がいますが、フローラSは5着に終わり、オークス当日は前目で競馬をしていました。

・前走条件戦は1頭も好走していない


・前走から騎手乗り替わり 3頭
⇒3頭とも関東馬(日本人から日本人は1頭)


ここまでで残った馬
リリーノーブル、ラッキーライラック、マウレア、パイオニアバイオ、アーモンドアイ

個人的な強さ順に並べるなら
ラッキーライラック>マウレア>リリーノーブル
※この枠順ならマウレアの方が上

強さ抜きでオークスに合っている順
マウレア>ラッキーライラック>リリーノーブル

リリーノーブルは一番距離に不安を感じ、今の馬場にも合わないと思われます。合わないと言いますか、東京が合わない可能性が高いです。


パイオニアバイオの取り扱いに悩まされています。前走はフローラSかつSペースの条件が揃っていたので推奨しましたが、今回はオークスです。前走は実は強くて好走した可能性はあるかもしれませんが、私はそう思いません。余裕がある人は人気がないので印を入れてもいいかもしれません。




最終予想

◎13アーモンドアイ
ルメール騎手の自信がすごい

〇3マウレア
ラッキーライラックより力はないですが、距離から逆転してもおかしくない

▲2ラッキーライラック
石橋騎手次第ですね



個人的に新潟11Rの芝1000mが楽しみです。
みなさん的中して気分良く来週迎えましょう!!