お疲れ様です
いよいよ日本ダービーの日になりました!
6955頭の頂点に立つのはどの馬か!?



日本ダービー
ダノンプレミアムが1枠1番で勝ちは濃厚みたいな雰囲気が出ていますが、果たしてそうなのでしょうか。

2番人気は皐月賞組より強いのかわからないブラストワンピース
3番人気はなんとか出走権利を獲得できたキタノコマンドール

んー、この3頭で決まることはないだろうな


今週から予想講座編で使用していますが簡単に図にまとめてみました。

日本ダービー 2018

簡単に不安点も記載しました。
東京芝の改修後の2003年からの過去15年間のデータから考察しました。



・実は1枠はどの馬でも好走できる訳ではありません。
⇒上位人気(単勝10倍以内)でも上がりが使えなければ簡単に凡走している
※唯一上がり上位でない馬が1頭好走していますが、2015年2着馬で上がり5位


・前走京都新聞杯は1着馬が5頭好走しています。
⇒4頭が前走上がり上位だった
※もう1頭は2015年1枠1番の2着馬


・皐月賞を4角5番手以内で好走した馬は5頭好走しています。
⇒5頭とも当日3番人気以内
※皐月賞を4角5番手以内で好走した馬は計20頭


・馬番15より外の連対馬は1頭のみ
⇒2007年の2着馬で逃げ、前日の午前まで稍重だった
※近年は前年の怪物アドミラブルの3着のみ


・前走青葉賞から好走
⇒前半ある程度流れてかつ2分26秒0以内決着だった年の勝ち馬5頭中4頭が好走している
※今年はこの条件に該当しているので勝ち馬の好走確率は高い


・前走皐月賞着外の馬で好走
⇒11頭中10頭に重賞勝ちがあった
※1頭は不良馬場の年



次に良馬場の年に二桁馬番で好走した13頭の戦歴
①10頭が2000m以上の重賞を上がり2位以内で2着以内あり
⇒その内9頭が1着だった
該当馬
ワグネリアン、グレイル
(特例ステルヴィオ:前走展開が特殊でなければ好走していた可能性高)

②2頭が東京重賞を上がり2位以内で勝ちあり
⇒2頭とも皐月賞馬券内
該当馬
なし

③残る1頭は逃げ馬(例外)
⇒上記の前日の午前まで稍重の年


ここまで残った馬

①ダノンプレミアム、ゴーフォザサミット、ブラストワンピース、ワグネリアン

②キタノコマンドール、グレイル、ステルヴィオ


皐月賞で後方から届かなかった4頭の評価

最後の直線でステッキを使用した回数
ステルヴィオ 5回 4角13番手上がり34.8
グレイル 3回 4角13番手上がり34.8
ワグネリアン 1回 4角12番手上がり35.2
キタノコマンドール 8回 4角13番手上がり34.8

・なぜこんなに回数に差があるのか(推測)
ステルヴィオ:馬券内を目指した
グレイル:叩けるタイミングがなかった
ワグネリアン:中山は走らないので頑張る必要なし
キタノコマンドール:出走権利のためデムーロお得意の競馬

この4頭で上手い人なら狙うべき馬が大体わかりますよね
ワグネリアン>グレイル>ステルヴィオ>キタノコマンドール

ただ、前3頭の枠順が絶望的です。
さらに土曜日の馬場傾向から追い込み馬は内を通らなければ好走が難しそうです。



最終予想

◎6ゴーフォザサミット
勝ちがない前走青葉賞だからこの人気なのでしょう。ダノンプレミアムに勝てるのはラチ沿いのダノンプレミアムの後ろで足を溜めているこの馬だと信じています。

〇1ダノンプレミアム
正直この馬の脚質を考えればこの枠順は逆に厳しいと思います。ただ、他が弱すぎるのでこの馬の力と今週の馬場を考えれば。

▲8ブラストワンピース
当初は消す予定でした。2走前に東京2400を2着馬に0.7s差の圧勝していますが、その2着馬は阪神2400でエタリオウに0.9s差つけられています。前走毎日杯では2着馬ギベオン以外はラチ沿いにいた馬が上位独占しています。そのギベオンはNHKマイルで2着になっていますが、かなりの低レベルの争いでした。他に買える馬がいないので仕方なく3番手評価にしています。血統的にも3着が限界でしょう。


☆17ワグネリアン
キタノコマンドールを消す訳ではないですがこの馬を上に評価しました。枠が真ん中なら本命にしていました。福永騎手曰く「内に入るポジションを考えているみたいです」。でも、この枠なら3着が限界かな





目黒記念で買うべき馬↓

最強競馬ブログランキングへ